■ 予約2か月待ち! 焼き鳥職人 『その一串は“未体験”』 この店の主人はいつもあることを大真面目に考えている。 「俺はどこまで、焼き鳥の気持ちになれているんだ?」 「どれだけ、その1本の串の気持ちになれるか。僕、日焼けするんですけど、日焼けしてて、ある意味、焼き鳥の気分っていうか、自分が串刺されて、焼かれてる気持ちで。きれいにムラが出来ないように、どうしたら焼かなきゃいけないかとか、本当に考えた…
続きを読む