Tag archives for 目的論

本レビュー

アルフレッド・アドラー 人生に革命が起きる100の言葉(40)なぜ全ての悩みが対人関係の課題と言いきれるのか?

■ 内面の悩みは、誰かに打ち明けるためのもの 「最近ウツっぽいんです」 「忙しくて休みが取れないんです」 内面の悩みに見える言葉も、 すべて対人関係の問題に起因している。 ----------------------------------------------------- 「もう年で若い人には勝てません……」という一見悩みを吐露しているかのように聞こえるセリフは、実は個人の内面の悩みではない…
続きを読む
本レビュー

アルフレッド・アドラー 人生に革命が起きる100の言葉(35)人は自分の意思でライフスタイルを選び取っている

■ ライフスタイルは自分の意思で決めるもの ガミガミと叱られ続けた者が 暗い性格になるとは限らない。 親の考えを受け容れるか、親を反面教師にするかは、 「自分の意思」で決めるのだから。 ----------------------------------------------------- ライフスタイル(=性格)の成り立ちは、出生順位(生まれた順番)、器官劣等性(体の弱さ)、家族構成や家族間の…
続きを読む
本レビュー

アルフレッド・アドラー 人生に革命が起きる100の言葉(23)

■ 感情には隠された目的がある! 不安だから、外出できないのではない。 外出したくないから、不安を作り出しているのだ。 「外出しない」という目的が先にあるのだ。 アルフレッド・アドラー 人生に革命が起きる100の言葉 -------------------- 会社に行こうと電車に乗ると急激に不安が襲ってきて会社に行けない、という不安症があります。アドラーはその症状をこう喝破しました。 「不安だから…
続きを読む
本レビュー

アルフレッド・アドラー 人生に革命が起きる100の言葉(21)

■ 感情には隠された目的がある! カッときて自分を見失い怒鳴った、のではない。 相手を「支配」するために 「怒り」という感情を創り出して利用したのだ。 アルフレッド・アドラー 人生に革命が起きる100の言葉 -------------------- アドラーによりますと、「あらゆる行動には目的がある」。 アドラーが喝破した「目的論」「使用の心理学」に沿って考えると、怒りという感情は、相手にいらだち…
続きを読む
TOPへ