■ 組織内で働かない集団にも本当は存在価値があった!? あなたは、世の中に「2:6:2の法則」というものが存在するのをご存知でしたでしょうか?今回は、この法則が当たっているかどうかではなくて、下位2割の集団が組織内にいることにも意義がある、そんなお話です。 2016/2/17付 |日本経済新聞|朝刊 怠けアリにも働きあり? 働き者休むと代わりに労働 北大チーム発表 「アリの集団は常に全ての個体が働…
続きを読む