Tag archives for 種類株

会計で経営を読む

(経済教室)エコノミクストレンド 企業の短期主義、再び注目 株式非公開の増加も 「悪弊」とまでは言い切れず 鶴光太郎 慶大教授

■ 企業の「短期主義」は誰にとっての悪なのか? 高名な経済学者の分析に対し、筆者からは実務解がどこにあるのか、実務からの考察、「べき論」は一体どうあるべきか、いささか挑戦的に解説を試みたいと思います。 2016/1/18|日本経済新聞|朝刊 (経済教室)エコノミクストレンド 企業の短期主義、再び注目 株式非公開の増加も 「悪弊」とまでは言い切れず 鶴光太郎 慶大教授 「米国企業のショートターミズム…
続きを読む
会計で経営を読む

バフェット氏率いるバークシャー 米国最強の複合企業に 事業会社利益8割超 資金融通に強み

■ そもそも巨大企業の経営管理は事業ポートフォリオ管理 企業規模が大きくなってくると、自然と複数の事業が企業グループ内に取り込まれていくことになります。同一市場、同一事業の定義自体があいまいなのですが、それは経営意思決定のために必要な情報と判断者の資質の違いがある程度認められる違いと、ここでは仮定しておきましょう。 つまり、「自動車業界」を例にとった場合でも、軽自動車、セダン、PHV、トラック・バ…
続きを読む
会計で経営を読む

(ビジネスTODAY)トヨタ総会、議論の場に 過去最長の3時間、新型株の賛成率は75%

■ トヨタ、種類株式発行が株主総会で可決 発表から約1か月半、マスコミや市場で取りざたされていたトヨタ「AA型種類株式」の発行がようやく定時株主総会で可決されて、賛否両論、喧々諤々の議論に終止符が打たれました。残念ながら、新聞報道にも「敵対的買収防衛策である」とか、著名な大学院教授のコメントだったとしても誤解(だってTOBに対しては売却できる、という条件が付いていますから!)がさも専門家の意見とし…
続きを読む
会計で経営を読む

トヨタの新型株 米公的年金2位は反対海外での賛否分かれる

■ 米公的年金2位は反対。今度はまた反対意見! 今度は、米公的年金2位のカリフォルニア州教職員退職年金基金(カルスターズ)がトヨタの種類株発行について「NO」を表明しました。では、ちなみに1位カルパースは? と思い、ちょっと検索かけましたが、出てきませんでした。今回は短編ですが、新聞記事のご紹介とともに、私見を少々。 2015/6/10|日本経済新聞|朝刊 トヨタの新型株 米公的年金2位は反対海外…
続きを読む
会計で経営を読む

トヨタ、新型株の評価二分  株主助言のグラスルイス賛意、ISSの反対受け補足資料

■ 議決権行使助言会社はひとつではない。今度は賛成意見が! 議決権行使助言会社は1社ではありません。今度は、米グラス・ルイス(Glass, Lewis & Co., Ltd.)がトヨタの種類株発行に対して賛成の意を表しました。ちなみに同社は、大塚家具の委任状争奪戦(プロキシーファイト)の最中の2015/3/12に、会社提案による役員選任議案(第2 号議案および第3 号議案)に賛成推奨を、株…
続きを読む
会計で経営を読む

トヨタ新型株に反対 議決権行使助言のISS 株主総会での賛否が焦点

■ 今を時めくISSがトヨタ種類株発行にNO! 昨年、ROE:5%を下回る企業のトップ人事(取締役の再任)にNO!をつきつけたISS(インスティテューショナル・シェアホルダー・サービシーズ)が、今度はトヨタの種類株(AA型)発行に「NO!」を表明しました。 2015/5/29|日本経済新聞|朝刊 トヨタ新型株に反対 議決権行使助言のISS 株主総会での賛否が焦点 (注)日本経済新聞の記事へ直接リン…
続きを読む
会計で経営を読む

トヨタ、個人向け新型株最大5000億円発行 元本保証、議決権あり 長期投資家取り込む

■ トヨタ中長期視点の個人投資家向け種類株の発行内容とは? GW前にプレスリリースされた、トヨタの種類株発行。その後の論調をサマリするとともに、種類株の内容についても、6/16に予定されている株主総会前におさらいしておきたいと思います。なんといっても本件は、「第7号議案 種類株式発行に係る定款一部変更および募集株式の募集事項の決定を取締役会に委任する件」として、第111回定時株主総会招集通知にもし…
続きを読む
TOPへ