Tag archives for 配当性向

とことんROE

(会社研究)大還元の先へ(1) アマダホールディングス M&Aで稼ぐ力底上げへ

■ 経済紙お得意の手のひら返し 「株主還元」は大歓迎だったのでは? 2015年5月に、2年間の限定期間ながら、「100%株主還元」を発表したアマダHD(当時はアマダ)に対する、衝撃と称賛があり、その後、1年かけて、「ROE」改善には「分母」政策(自己資本減らし)より、「分子」政策(利益増大)の方が、本道である、という極めて当たり前の論調に軌道修正してきました。そして、今度は、貸借対照表の反対側(借…
続きを読む
会計で経営を読む

郵政3社株 評価は… 売り出し価格の仮条件発表 証券各社、個人対応を強化

■ 株価指標面で「割安」だそうです。本当? 約一年前にプレスリリースされた郵政3社の親子上場が、とうとう現実のものとなってきました。9月10日に売り出しの仮条件が公表され、バリュエーションについて関係各所からいろいろな分析や見解が表明されています。その中でも一番信用ならないのが、セルサイドの情報なのですが。。。 2015/10/8|日本経済新聞|朝刊 郵政3社株 評価は… 売り出し価格の仮条件発表…
続きを読む
とことんROE

多様化する株主還元策 配当性向引き上げなど 成長戦略に合わせ変更

■ 「配当性向」引き上げや「DOE」採用など 株主に配当を中心に、利益に分配にて厚く報いるため、各種の指標が採用されています。今回は、その指標を活用した株主還元政策自体の悪さ加減を強調するまでもなく、それぞれの指標の解説に徹したいと思います。 (筆者自身のスタンスは、バフェット氏と同様、企業の現金配当は『悪』- 経済的に不合理というものです。だって、株主の手元には、法人税と所得税のダブルでキャッシ…
続きを読む
TOPへ