経営管理会計トピック

研究開発費、4割が最高 主要企業、総額5.7%増 – 日本型R&D投資戦略は効果発現重視か長期的視点か?

■ 好景気!?に支えられ、大企業の研究開発投資の急激な伸びがみられる 日本の研究開発投資は、GDP比率では各国より数%分は高く、長い間、技術立国ニッポンを支える競争優位の源泉でした。その動向について、最近は批判的な論評が[…]

もっと読む
経営管理会計トピック

AI(人工知能)に職を奪われるかを恐れる前にRPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)の影響を考えるのが先!

■ 中学生プロ棋士、藤井四段が示したAIと人間の新たな関係とは? AIがもてはやされる現代、将棋ソフトを使いこなした藤井四段が連勝を伸ばし、やっぱりAI時代の到来を確実にする報道の方向でマスコミがはやし立てる中、もっと現[…]

もっと読む
経営管理会計トピック

(ニュースフォーキャスト)アップルの世界開発者会議(5~9日)「後出し戦略」にリスクも – バリュープロポジションは経営者のスタイルで

■ ジョブズ後のアップル、スマートスピーカーで競合の後塵を拝する! 経営陣の交代により、企業がコンペチターとの競争戦略で自社の「売り」とする「バリュー・プロポジション」を変えてくることは、ままあります。それが、カリスマ性[…]

もっと読む
経営管理会計トピック

(読み解き現代消費)「応援買い」 売り手との関係性重視 - 新しいカスタマー・インティマシーの訴求方法とは

■ 「モノ」から「コト」へ。売り手と買い手のリレーションで商売をする! トレーシーとウィアセーマは1995年に『ナンバーワン企業の法則』で、企業が顧客に対して、どういうフォーマットで「バリュープロボシション(value […]

もっと読む
経営管理会計トピック

バフェット氏、不振IBMに見切り 保有株3割売却 – 報道の裏にはバークシャー・ハサウェイの経営実態がある!

■ 逃げるウォーレン・バフェット、バージニア・ロメッティを走らす! 「よく分からない、知らない会社には投資をしない」と言明していたウォーレン・バフェット氏。6年前に米IBMやアップル株などハイテク株を取得した時には、事業[…]

もっと読む
経営管理会計トピック

(経済教室)憲法学のフロンティア(上)AIのリスクに対応急げ「個人の尊重」揺るがす恐れ 山本龍彦・慶応義塾大学教授

■ 便利とリスクは裏腹の関係。憲法学から見たプロファイリング問題とは? 昨今流行のビッグデータをAIで解析して最適な行動を人間に提案することに多くの技術者のしのぎを削っていますが、その裏側では、これまでの人間社会を破壊す[…]

もっと読む
経営管理会計トピック

〈FT特約〉知恵に欠ける人工知能投資 バフェット氏にかなわず - AIが人間に投資で勝利する意味は、AIが完全義体となる時である

■ AIがバフェット氏を超克する日は来るのか? ウォーレン・バフェット氏は、現代で最も成功した投資家の一人です。その投資スタイルは、バイ・アンド・ホールド。とにかく、自分基準の企業価値を算定し、市場の揺らぎの中でその企業[…]

もっと読む

AIの倫理基準、東芝の株式買い取り、静岡市の政令指定都市認定に学ぶ撤退基準、制御ルールの重要性について

■ 常にコンティンジェンシー・プランを持ち合わせている人が最強! 契約文化が浸透している欧米(特に米国?)では、結婚前に離婚時の財産分与や養育権などについて、予め契約書を交わしておいてから結婚生活に入るのが一般的?だそう[…]

もっと読む