■ 世界一に輝いたバーテンダー 銀座 小さなバーの物語 『今日の舞台は銀座の地下』 夕方5時、バーのマスターがやってきた。顔に似合わずめっぽうシャイ。開店前、顔の体操で表情を和らげる。しかし、ひとたび客の前に立つと、技を極めたカクテルで客を虜にする。カクテル一筋30年。100万杯以上作ってきた。 「ただ、ひたすら飲み物を一杯お作りするということに、人生をかけてきた。」 世界にその名を知られた、スゴ…
続きを読む