Tag archives for TFP

経済動向を会計で読む

(経済教室)情報通信技術投資の可能性 30年度GDP 70兆円増も 顧客との接点に活用カギ 実積寿也 九州大学教授 高地圭輔 日本経済研究センター主任研究員

■ 日本企業の労働生産性向上のための秘策はICTへの投資!? 今回の「経済教室」の解説投稿は、6/1付の「経済教室」の解説投稿との前後編バージョンでお届けします。共に、マクロ経済学の分析手法にのっとり、GDP成長について語られたものですが、その分析支援は十分にミクロの個別企業の投資行動にもあてはまると考えるからです。 2016/6/3付 |日本経済新聞|朝刊 (経済教室)情報通信技術投資の可能性 …
続きを読む
経済動向を会計で読む

(経済教室)技術革新の恩恵受けるには 経済開放・市場主導が必須 「長期停滞」にも終わりあり リー・ブランステッター・カーネギーメロン大学教授

■ 21世紀のイノベーションは過去の偉大な経済成長は実現することはできない!? 今回の「経済教室」の解説投稿は、6/3付の「経済教室」の解説投稿との前後編バージョンでお届けします。共に、マクロ経済学の分析手法にのっとり、GDP成長について語られたものですが、その分析支援は十分にミクロの個別企業の投資行動にもあてはまると考えるからです。 2016/6/1付 |日本経済新聞|朝刊 (経済教室)技術革新…
続きを読む
財務分析(入門編)

生産性分析(2)業種別生産性分析 - 製造業・流通業・サービス業の生産性を比較してみる!

■ 「業種別生産性比較」といったって、闇雲にセレクトしていません! 前回は、「生産性分析」について、理論的背景を中心に説明しました。実践が伴っての理論と筆者は考えますので、今回は、3つの業種、1業種2社の6社(トヨタ、新日鐵住金、セブン&アイ、イオン、リクルート、楽天)のFY2014決算から生産性を比較分析してみます。 まず、どうしてこの6社なのか、から説明します。トヨタは日本企業の中で売上規模最…
続きを読む
テクノロジー

(経済教室)人工知能は職を奪うか(上)日本、生産性向上の好機に 労働者の再教育カギ オックスフォード大学准教授 M・オズボーン、オックスフォード大学フェロー C・フレイ

■ 人工知能(AI)が人間の職を本当に奪うのか? この標題に対する答えは「Yes but no.」だと筆者は考えます。奪われる職もあれば、新たに創出される職もあると。テクノロジーの進化と共に、技術的なアプライアンスに対するオペレーターやメンテナンス工の仕事は移り変わるのが当たり前です。だって、今や皆さんはスマホやインターネットで遠隔地でのコミュニケーションを自前で可能になっているので、もう電話交換…
続きを読む
TOPへ