社内仕切制度を構成する3要素とは - 物流、商流、金流のフローを考える!

■ 会社は多様な部署の多くの人間に支えられている 前回、仕切制度における会計責任と原価差異について、あまりギリギリのやり過ぎると、社内の業績管理について逆作用が起きかねないリスクについて説明しました。 ⇒「仕切取引制度に[…]

もっと読む

銀河英雄伝説(2)予定通り事が運ぶことは、めったにありませんよ。といって予定をたてないわけにも行きませんしね  - ヤン・ウェンリー

■ どうせ守れっこないスケジュールをなぜ立てなければならないのか? 予定通り事が運ぶことは、めったにありませんよ。といって予定をたてないわけにも行きませんしね (ヤン・ウェンリー|銀河英雄伝説 ©田中芳樹/徳間書店) &[…]

もっと読む

経営コンサルタントの仕事術(4)合理的に設計し、妥当的に運用する - キーワードは「実行可能性」

■ 合理的に設計するメリット プロジェクトでは、ITが絡む絡まないを別にしても、業務プロセスや管理制度の設計、グランドデザインなどを、コンサルタントとして担う場合があります。よってこの話はITよりのコンサルタントから制度[…]

もっと読む
経営管理会計トピック

(エコノフォーカス)日本の製造業、為替の壁破る 生産国際化・輸出品の価値向上 - 為替マリーの効果発現と円貨決済と製品の高付加価値化の促進

■ 日本の製造業の為替変動への耐性強化の原因を探る! 日本の製造業における利益の為替感応度が低下し、為替変動に対する耐性が強化されたとの分析記事がありました。一部、突っ込みが浅かったので補強説明したいと思います。 201[…]

もっと読む

西郷隆盛(2)命もいらぬ、名もいらぬ、官位も金もいらぬというような人物は処理に困るものである。

■ 無欲の人は無敵の人である! 命もいらぬ、名もいらぬ、官位も金もいらぬ というような人物は処理に困るものである。 このような手に負えない人物でなければ、 困難を共にして、 国家の大業を成し遂げることはできない。 しかし[…]

もっと読む
経営管理会計トピック

金融法制 機能別に IT進展、業態別に限界 金融庁が中間整理案 - 潮目が業態破壊・新規参入前提に変わった!

■ 金融業における業法の制度疲労が目立っている件について 業法の体系が変わる! 業態(業界)を御することから、機能・サービス視点で法整備がなされることになりました。 2018/6/19付 |日本経済新聞|朝刊 金融法制 […]

もっと読む

反復連打で身に着けること - 同じことを言い続ける忍耐力と諦めの境地の狭間での迷いについて

■ 反復連打する価値があることなのか見極める必要がある! 「駄目じゃないか、どうして●●しないんだ!? 前にも同じことを注意したよね(怒)」 心の中でまた同じことを言っていると気づきながら、それでも同じことを言い続けなけ[…]

もっと読む