孫子 第13章 火攻篇 67 火に攻むるに五有り – 孫子お得意の間接的攻撃 敵の隙をついて勝利を得るために

■ 火攻めを成功させるためには、内応者の存在と仕掛けるタイミングが大事 ! 火を用いる攻撃方法には5種類あります。 (1)火人(かじん) 兵営に火を放って兵士を焼き討ちにする (2)火積(かし) 野外の集積所に貯蔵されて[…]

もっと読む

戦略論の古典 クラウゼヴィッツの『戦争論』における「目的」と「目標」

■ 「目的」はパリ、「目標」はフランス軍 前回は、クラウゼヴィッツの『戦争論』から、「目的」と「手段」の関係についてお話ししました。今回は、これに「目標」が加わるとどうなるかご説明します。 英語訳を調べると、いろいろ和訳[…]

もっと読む