本格的リニューアルのため、表示に不具合がありますが更新中です

IOT

スポンサーリンク
テクノロジー

帝人、変動価格システム参入(1)ダイナミックプライシングとスマートサプライチェーン

帝人は、秦逸三氏が久村清太氏と共に1915年(大正4年)に、米沢製糸場を買い取り、東工業米沢人造絹糸製造所として設立され、帝国人造絹絲株式会社(1918)に改組後、大阪に本社を移し、英国ICI社からポリエステル製造の技術を導入し、化学繊...
会計で経営を読む

親子上場の是非を再び ソフトバンク、鴻海の事例から(5)鴻海の世界最適地上場は日本の電機メーカーの対極にあり!

■ 鴻海の親子上場という選択肢 前回までソフトバンクの親子上場への言及が続きました。筆者の舌鋒も鋭く? 厳しめのコメントが多かったのですが、鴻海精密工業の子会社上場は、日系の電機メーカーが次々と親子上場廃止に踏み切る中、対極の財務...
会計で経営を読む

研究開発費、4割が最高 主要企業、総額5.7%増 – 日本型R&D投資戦略は効果発現重視か長期的視点か?

日本の研究開発投資は、GDP比率では各国より数%分は高く、長い間、技術立国ニッポンを支える競争優位の源泉でした。その動向について、最近は批判的な論評が目立ちます。丹念に数字を追って、その評価の真贋を問いたいと思います。 2...
スポンサーリンク
会計で経営を読む

内製化とアウトソーシング(外注)、そしてアライアンスを峻別する戦略眼はどこに定めるべきなのか?

■ 会社が事業・商品ポートフォリオ選択と業務プロセス設計をする際の着眼点とは? 大企業という名で呼ばれる企業は、得てして複数事業を営み、業務プロセス(バリューチェーン)も多岐にわたっています。機能軸で統合化すれば「垂直統合」、機能...
会計で経営を読む

経営管理会計トピック 2016年 筆者が独断で選ぶTOP5 AIからコーポレートガバナンスまで

■ 2016年の経営管理会計に関連するトピックを筆者独断でランキング 筆者の勝手気ままなブログに日ごろお付き合い頂きありがとうございます。経営コンサルティングを生業にしながら、傍らで、つれづれなるままに、このブログを書き綴ってきま...
テクノロジー

AI、IoT時代の知的財産権(後編)ー 深層学習やIoTで得た情報を営業秘密で守る道があった! 日本経済新聞より

■ 「創作性」や「有形物」の制約無しでデータやプログラムをどうやって権利保護するか? 本稿は、日本経済新聞に掲載された記事から、AIやIoT時代到来を前提に、いわゆる知的財産権(著作権、特許権など)をどう考えるべきか、つらつらと思...
テクノロジー

AI、IoT時代の知的財産権(前編) - 深層学習やIoTで得た情報の権利は誰のもの? 日本経済新聞より

■ AIやIoTが当たり前の時代の知的財産のあり方について 本稿は、日本経済新聞に掲載された記事から、AIやIoT時代到来を前提に、いわゆる知的財産権(著作権、特許権など)をどう考えるべきか、つらつらと思いをつづったものです。筆者...
テクノロジー

(経済教室)第4次産業革命の可能性(上)嗜好の個別・多様化に対応 中小製造業の強み生かせ 西岡靖之 法政大学教授 - 日本発のIoTビジネスとは?

■ ドイツ発のインダストリー4.0に対し日本発のIoTとは? 本稿は、日本版インダストリー4.0を考える上で、日本の製造業およびサービス業の向かうところを、西岡教授の小稿を筆者なりに解釈してお伝えするものです。「向かうところ」と「...
テクノロジー

人間がAIに管理される日? - HRテックによる最適配置と社員の幸福感を高める「Hitachi AI Technology」の事例から

■ 人間が人間を相手にする人事管理は終焉を迎え、AIによる人事管理が主流となるのか? AIは膨大なデータを瞬時に処理するだけでなく、自動的なアルゴリズムの改良を永遠に続けられるという意味で、生半可な知識と経験による生身の人間が人事...
会計で経営を読む

日立、営業2万人増員 コンサル重視へ転換 AIなど駆使、課題解決(後編)- ハードウェアを持ったままでコンサルティングサービスが可能か?

■ 他人の文章を批判するなら、自分の意見を表明しなさい! 前編で、日立製作所がコンサルティング型営業を強化して、GEやシーメンスに対抗する、目指す姿はアクセンチュアやIBMである、という戦略に基づき、顧客志向(市場志向)の組織変更...
会計で経営を読む

日立、営業2万人増員 コンサル重視へ転換 AIなど駆使、課題解決(前編)-サービス&プラットフォームBUのポジショニングの説明が無い!?

■ 製造業のサービス業化というけれど。。。中身本当に分かって言っているの? 日立製作所の記事を読んで、別段、日立がそうだと言いたいわけではなく、一般論的に、「IoT」「AI」という魔法の呪文を唱えると、ハードウェアの製造業もコンサ...
テクノロジー

デンソーのIoT戦略 世界130工場をつないでダントツ工場を構築する!

■ デンソーのIoT戦略 2020年までに全世界の工場をひとつにつなげる! 面白いもので、メディアへの初出時期を後から振り替えると、世の中の動きと取り上げられた企業の先進性の対比、そしてメディアの注目度に温度差があることが分かりま...
テクノロジー

乾坤一擲の日本のAI・IoT戦略 春の陣 日本経済新聞まとめ

■ それはシンギュラリティを政府が真剣に考え始めるところから始まった! 先日、日本のAIとIoTの開発戦略について、2つ小稿を書かせて頂きました。 IoTに関しては、ドイツ「インダストリー4.0」と米GE陣営「インダストリア...
会計で経営を読む

オープンイノベーション、脱自前主義ビジネスモデルのメリットとは? -(後編)ダイキン、ソニー、仏トタル、アマゾン、バンダイナムコの事例を見る!

■ オープンイノベーション戦略が求められるようになった理由とは? 「オープンイノベーション」とは、自社だけでなく他社や大学、地方自治体、社会起業家などが持つ技術やアイデア、サービスなどを組み合わせ、革新的なビジネスモデルや革新的な...
テクノロジー

電子商取引 便利に 企業版マイナンバーが国際対応 費用圧縮、中小に追い風 -IoTやフィンテックまで含めたビジネスモデルで考えます!

■ まずは、一体何に企業版マイナンバーが使えるのかをご説明します。 世の中のテクノロジーや仕組みは、それ単発より有機的に組み合わせて、ビジネスモデルとして組み込んだ方が、効果的に決まっています。 2016/3/23付 |日本経済...
テクノロジー

IoT三国志 インダストリー4.0とインダストリアル・インターネットの同盟締結で、日本のインダストリアル・バリューチェーン・イニシアチブは栄光ある孤立!?

■ IoT三国志。日米独の三国鼎立は、合従連衡で均衡が破れてしまうのか? 工業先進国のトップランナーだった日米欧それぞれで、次世代のIoTを駆使したものづくりのニュースタイルの在り方について健全な競争が行われていると思っていました...
テクノロジー

(グローバルBiz)IoTの基盤 主導権争い 家電や車…ネット接続の通信手段 3陣営、150兆円市場にらむ

■ ユビキタスからIoTへ つながる先は、なんとデバイス数で530億個と予想! なんといっても、次の総務省の「情報通信白書平成27年版」に掲載されているグラフを見て頂けると、IoTの凄まじい成長力(あくまで予想ですが)がお分かりに...
テクノロジー

(GLOBAL EYE)スイスにみる「第4次産業革命」 高度な教育、変革支える -ABBに聞くスイス流のインダストリー4.0の形とは

1.「インダストリー4.0」 スイスのABBで大歓迎の理由とは ドイツ発の「インダストリー4.0」。お隣の国スイスでもその取り組みは進んでおります。というか、汎欧州の動きです。当たり前ですよね、次世代の産業規格を米国系企業と争って...
テクノロジー

AI、弱点は「常識知らず」状況把握が苦手、活用に課題

■ ここにきてAIは万能でないと。ほっとするようながっかりするような。。。 人工知能(AI)の研究プロジェクトのひとつに、「東ロボくん」があります。いつの日にか、東大の入試試験をAIがクリアできるのか、AI研究の最前線のお話です。...
テクノロジー

IBMのAIとIoT戦略はどこに向かうのか? 2016年2月後半の日経新聞まとめ

■ IBMのAIとIoT事業の向かう先を新聞記事からトレースしていきましょう! 2016年2月後半に、IBMのAI(みなさんご存知のワトソン)とIoTビジネスの報道が続き、ちょっと気になったので、記事を整理してみました。新聞はこう...
テクノロジー

人手不足の処方箋 AI・ロボットの活用はどこまで実用化されているのか ファナックとヤマダ電機の例を見る!

■ テンプスタッフ社長の水田氏が人材不足への決め手を語る! 女性・シニア・AI・ロボ。ある意味ダイバーシティが重要!? 労働者派遣・人材サービス大手のテンプスタッフ水田社長へのインタビュー記事があり、少子高齢化により今後の労働力不...
テクノロジー

遺作「完結」、AIに期待 小松左京さんの作品データ提供 - もしかすると計量文献学にも革命が起きるかもしれない

■ 人工知能(AI)が代書する時代が到来か? 日経新聞コラムに、小松左京さんの遺作を完結すべく、AIを駆使して続編を捜索しようというプロジェクトが進行中です。 2016/1/27付 |日本経済新聞|夕刊 遺作「完結」、AIに期待...
テクノロジー

AI・ロボ・IoT影響は? 雇用の増減を試算 経産省、今春にも職種ごとに

■ 経産省がAI、ロボ、IoTが雇用に与えるインパクト試算作業に入りました! とうとう当局もAIやIoTが雇用に与える影響を公に認めましたね。しかし、ポイントは厚生労働省ではなく、経済産業省が試算するとのこと。行政の縦割りがどこま...
テクノロジー

文系にも分かる! インダストリー4.0、インダストリアル・インターネット、インダストリアル・バリューチェーン・イニシアチブの違い(2)

■ 具体的なビジネスケースで迫る!「IoT」をビジネス化するのに国別に違いがあるのか? 「IoT:Internet of Things(モノのインターネット)」。あらゆる産業機器にセンサーを取り付け、その稼働状況・使用状況をビック...
テクノロジー

文系にも分かる! インダストリー4.0、インダストリアル・インターネット、インダストリアル・バリューチェーン・イニシアチブの違い(1)

■ 「IoT」に対する日米独における三者三様の取り組みの違い 「IoT:Internet of Things(モノのインターネット)」、すべてがネットの世界でつながる世界を作り、産業のあり方を変えようとする動きが、ドイツ、米国、日...
テクノロジー

(真相深層)GE、IT人材のみ込む 製造業デジタル化で生き残り 争奪戦過熱、試される本気度

■ 激化するIT人材獲得競争 どうして重電メーカーが? そう思った時点ですでに時流に遅れています! 米GEが提唱する「インダストリアル・インターネット」、独シーメンスが参加する「インダストリー4.0」。コンセプト先行では決してなく...
テクノロジー

(経済教室)人工知能が変える未来 ものづくりで日本に勝機 「子供のAI」活用カギ 松尾豊 東京大学准教授

■ 「子供のAI」とは面白いネーミングです! 最近はやりの「人工知能(AI)」の産業化(ビジネス化、マネタイズ化)のお話です。 <ポイント> ① 「子供のAI」は真面目な研究開発が重要 ② 個別分野のデータ獲得が先行...
テクノロジー

(ゼミナール)IoTは産業革命か 連載一気読み 日本経済新聞より

■ 「IoTは産業革命か」(1)ネット接続だけではない 日本を代表する経済紙である日本経済新聞にて、ゼミナールで「IoTは産業革命か」と題して、富士通総研:湯川抗氏による全10回(2015/9/21~10/2)にわたる連載がありま...
テクノロジー

「接続機能を持つスマート製品」が変えるIoT時代の競争戦略 マイケル・ポーター(6) HBR 2015年4月号より

■ 接続機能を持つスマート製品がもたらす戦略への意味合いとは? 今回は、Harvard Business Review 2015年4月号「IoTの衝撃」で掲載された、 「「接続機能を持つスマート製品」が変えるIoT時代の競争...
テクノロジー

「接続機能を持つスマート製品」が変えるIoT時代の競争戦略 マイケル・ポーター(5) HBR 2015年4月号より

■ 接続機能を持つスマート製品がもたらす戦略への意味合いとは? 今回は、Harvard Business Review 2015年4月号「IoTの衝撃」で掲載された、 「「接続機能を持つスマート製品」が変えるIoT時代の競争...
スポンサーリンク
SNSフォロー