Pocket

■ 指導者として心構え

コンテンツガイド
「やってみせ、言って聞かせて、させてみせ、ほめてやらねば、人は動かじ。」
「話し合い、耳を傾け、承認し、任せてやらねば、人は育たず。」
「やっている、姿を感謝で見守って、信頼せねば、人は実らず。」


---------------------------------------------—
マグレガーは、一方で、
X理論の人間性 - 平均的人間は生まれつき仕事が嫌いで、できることなら仕事はしたくないと思っている。
が普通だと考えています。
Y理論の人間性 - 外から統制したり脅したりすることだけが企業目標達成のために努力させる手段ではない。人は自ら打ち込む目標のためには自己管理、自己統制を発揮するものである。
は稀だと考えています。
また、
孫氏の兵法(またはそれを引用した馬謖の言葉として)には、
「城を攻めるは下策、心を攻めるは上策 」ともあります。
洋の東西で、人間観に違いがあるのでしょうか?
いえいえ、イソップ物語の「北風と太陽」の童話は西欧発です。
自ずとね、「類は友を呼ぶ」で、X理論の人間性のひとにはX理論の部下がつくんだと思います。
私は、「至誠」でありたいと常日頃思っています。

(Visited 295 times, 1 visits today)
Pocket

小林 友昭名言・格言■ 指導者として心構え 「やってみせ、言って聞かせて、させてみせ、ほめてやらねば、人は動かじ。」 「話し合い、耳を傾け、承認し、任せてやらねば、人は育たず。」 「やっている、姿を感謝で見守って、信頼せねば、人は実らず。」 ------------------------------------------------ マグレガーは、一方で、 X理論の人間性 - 平均的人間は生まれつき仕事が嫌いで、できることなら仕事はしたくないと思っている。 が普通だと考えています。 Y理論の人間性 - 外から統制したり脅したりすることだけが企業目標達成のために努力させる手段ではない。人は自ら打ち込む目標のためには自己管理、自己統制を発揮するものである。 は稀だと考えています。 また、 孫氏の兵法(またはそれを引用した馬謖の言葉として)には、 「城を攻めるは下策、心を攻めるは上策 」ともあります。 洋の東西で、人間観に違いがあるのでしょうか? いえいえ、イソップ物語の「北風と太陽」の童話は西欧発です。 自ずとね、「類は友を呼ぶ」で、X理論の人間性のひとにはX理論の部下がつくんだと思います。 私は、「至誠」でありたいと常日頃思っています。現役の経営コンサルタントが管理会計をテーマに情報発信します