本格的リニューアルのため、表示に不具合がありますが更新中です

3 社会科学 Social sciences

ビジネスノート
この記事は約4分で読めます。

31 政治

32 法律

33 経済

331 経済学. 経済思想

331 ミクロ経済学

重厚だが、入門レベルのミクロ経済学の三大教科書

ニコラス・グレゴリー・マンキュー(N. Gregory Mankiw)アメリカ合衆国の経済学者。ハーバード大学経済学部教授。代表的なニュー・ケインジアン

価格硬直性というマクロ経済学の問題を「メニュー・コスト」という概念で分析したことは有名

ポール・ロビン・クルーグマン(Paul Robin Krugman)アメリカ合衆国の 国際経済学者。ニューヨーク市立大学大学院センター(CUNY)教授

貿易のパターンと経済活動の立地に関する分析の功績 により2008年、ノーベル経済学賞を受賞

ジョセフ・ユージン・スティグリッツ(Joseph Eugene Stiglitz)アメリカ合衆国の経済学者、コロンビア大学教授

ある経済主体が他者の私的情報を得るために使用される技術であるスクリーニング情報の非対称性の理論に対する貢献により2001年、ジョージ・アカロフマイケル・スペンスと共にノーベル経済学賞を受賞

336 経営管理

336.92 国際財務報告基準

国際財務報告基準(こくさいざいむほうこくきじゅん、International Financial Reporting Standards、IFRSs、IFRS)とは、国際会計基準審議会(IASB)によって設定される会計基準

国際会計基準審議会(こくさいかいけいきじゅんしんぎかい、International Accounting Standards Board、IASB)は、国際会計基準委員会財団(IASC Foundation)に設立された独立民間非営利の基準設定機関

336.97 監査法人

デロイト トーマツ グループ
日本で最大級のビジネスプロフェッショナルグループのひとつ。各法人がそれぞれの適用法令に従い、監査・保証業務リスクアドバイザリーコンサルティングファイナンシャルアドバイザリー税務法務等を提供。国内約40都市に1万名以上の専門家を擁し、多国籍企業や主要な日本企業をクライアントとしている

KPMGジャパンは、KPMGインターナショナルの日本におけるメンバーファームの総称。監査、税務、アドバイザリーの3つの分野にわたる8つのプロフェッショナルファームに、約7,900名の人員を擁する。

クライアントが抱える経営課題に対して、各分野のプロフェッショナルが専門的知識やスキルを活かして連携し、またKPMGのグローバルネットワークも活用しながら、価値あるサービスを提供

PwC Japanグループ 2019年、PwCは日本における事業開始70周年

日本におけるPwCの源流である、ロー・ビンガム・アンド・トムソンズ会計事務所が東京と神戸に事務所を開設したのは1949年

今日のPwC Japanグループの総職員数は8,100名を超え、会計士や税理士はもとより、さまざまな分野のプロフェッショナルを擁する総合的なプロフェッショナルサービスファームグループを形成するに至る

34 財政

35 統計

36 社会

37 教育

38 風俗習慣. 民俗学. 民族学

39 国防. 軍事

スポンサーリンク
SNSフォロー
この記事を書いた人

現役の経営コンサルタントです。経営管理の仕組み構築や経営戦略の立案、BIシステムを中心としたIT導入まで手掛けております。最近はファイナンス(資本コスト経営)、バリュエーション、BEPS対応、コーチング・組織学習支援での実績があります。

SNSフォロー
経営コンサルタントによる経営戦略と経営管理に効く経営管理会計