本格的リニューアルのため、表示に不具合がありますが更新中です

新聞記事・コラム

新聞記事・コラム新聞記事・コラム

ポイント

現代は多様なツールで情報収集を効率的に行えるようになりました。新聞というメディアから、ニュースを切り出して何が伝えられるかに挑戦します。

コラム
検索

人気記事

顧客満足 心構えから おもてなしの達人 コンシェルジュに聞く(4) ホテルオークラ東京 浜崎統さん
(サッカー人として)三浦知良 自分に目を向けるんだ 2020年2月14日 日本経済新聞朝刊より
(池上彰の大岡山通信 若者たちへ)(51)報道圧力と資本主義 「言論には言論」市場ルール
目標かなえる自分に変わる 米スタンフォード大心理学者 マクゴニガルさんに聞く - AIでない感情を持つ人間ならではの目標設定方法とは
顧客満足 心構えから おもてなしの達人 コンシェルジュに聞く(2) マンダリンオリエンタル東京 田隝益美さん

現役の経営コンサルタントです。経営管理の仕組み構築や経営戦略の立案、BIシステムを中心としたIT導入まで手掛けております。最近はファイナンス(資本コスト経営)、バリュエーション、BEPS対応、コーチング・組織学習支援での実績があります。

SNSフォロー

スポンサーリンク
新聞記事・コラム

(サッカー人として)三浦知良 自分に目を向けるんだ 2020年2月14日 日本経済新聞朝刊より

今、手ごたえが感じられていない人、また、日々、誘惑に負けてダメな自分にほとほと呆れている人。そういう人がいるとしたら、なりたい自分になるんだという覚悟も含めて、本当に目指したい理想の自分が見つかっていないだけです。
新聞記事・コラム

(私の履歴書)樂直入(2)樂家の伝統 ひたすら初代と向き合う 一子相伝とは「教えないこと」

おそらく、樂直入氏の「私の履歴書」を取り上げている時点で、私を知る人たちは、それだけで首肯しているに違いありません。そうです、職人、マイスターとしての生き様が大好きなので。
新聞記事・コラム

(私の履歴書)樂直入(1)代を替わる 茶碗 世界を裁断する 「伝統と前衛」ジグザグな歩み

作者は、ひたすら、自分の内にある何かと対話を続け、いわれも知れぬ何かを「超克(ちなみに彫刻とかけています)」するための挑戦を続けてきた職人・芸術家 人生を、人一倍、自分を厳しく律しながら送られてきたことが偲ばれます。
スポンサーリンク
新聞記事・コラム

(選球眼 浜田昭八)よみがえる鉄人の名言 - 彷彿とさせた北風と太陽、ナッジのお話

■ 鉄人二人の偉業を称える。 試合と試合に備えた練習に明け暮れるスポーツ選手の生き様は、ビジネスパーソンのお手本にもなるわけで。 2018/4/30付 |日本経済新聞|朝刊 (選球眼 浜田昭八)よみがえる鉄人の名言 「「1球目...
新聞記事・コラム

(サッカー人として)三浦知良 言い争いも成長の表れ 2018年4月27日 日本経済新聞朝刊より

■ 組織は“暗黙知”と“コンテキスト”で回っている! 「語学に詳しいというだけで字幕翻訳が務まるわけではない、と耳にしたことがある。サッカーの通訳もそう。日本の指導者の指示を外国人選手に伝えるとする。「横ズレしろ」。この「相手の動...
新聞記事・コラム

(サッカー人として)三浦知良 33年目も毎日が未知 2018年2月2日 日本経済新聞朝刊より

■ ベテランの調整は果たして年々難しくなるものなのか? 「朝から晩までトレーニングしかない自主トレやキャンプのこの時期は、幸せでもある。グアムだと車にも乗らず外食もせず、1ヶ所で練習も生活も完結、体調も目に見えて上向く。 とはいって...
新聞記事・コラム

(あすへの話題)2017.5.1 いぶし銀の実力 アサヒグループホールディングス会長 泉谷直木 ‐ 人格主義とリーダシップ

■ 人格主義とリーダーシップ論 改めて、大企業のトップマネジメントを務められた方の中には、人格主義者が多いことに驚かされます。 経営とスポーツと分野は違いますが、「人格」「人間性」を高めることが「気づき」を生み、「気づき」が...
新聞記事・コラム

(サッカー人として)三浦知良 人間性を高めること 2017年4月14日 日本経済新聞朝刊より

■ 会社が提供する新人研修の好機を得た新人へ 「プロの“新人”として学び始めたころ、待っていても何も教えてくれないのがブラジルの現場だった。 日本なら、18歳のルーキーが試合に出られなければコーチが手を差し伸べる。居残り練習も...
新聞記事・コラム

(それでも親子)歌手・エッセイスト アグネス・チャンさん 父の教え、孫たちにも届く

■ 自分の中に最後まで残るものとは? 2017/1/31付 |日本経済新聞|夕刊 (それでも親子)歌手・エッセイスト アグネス・チャンさん 父の教え、孫たちにも届く (注)日本経済新聞の記事へ直接リンクを貼ることは同社が禁じています...
新聞記事・コラム

目標かなえる自分に変わる 米スタンフォード大心理学者 マクゴニガルさんに聞く - AIでない感情を持つ人間ならではの目標設定方法とは

■ 来年の目標設定はもうお済みですか? 自分を見つめ直す好機到来! 日本には都合がよく、年末と年度末(学校や3月期決算会社など)の2回、今年の反省と来年の目標設定ができるチャンスが到来します。今回は、年末の反省と目標設定のためのコ...
新聞記事・コラム

(サッカー人として)三浦知良 2016年6月24日 日本経済新聞朝刊より

■ 水面下の積み重ねこそ ----------------------------------------------------- 60分間出場してもボールに絡めないときもあれば、たった5分間でも「今日は点が取れそう」と感じ...
新聞記事・コラム

人を幸せにするビジネス、幸せ4因子を満たす製品作りとは? 前野隆司慶応義塾大学教授

■ 収入と幸福度が比例するのは所得水準がどこ辺りまでなのか? 面白い研究結果が日本経済新聞に掲載されていました。現代日本では、収入の増加と自分が受ける幸福感の正比例関係は、一体どこまで収入が増えたら崩れるのか、つまり収入が増えるに...
新聞記事・コラム

(活字の海で)読むだけではない 絵本が「参加型」に進化『なんかへんな日』- イノベーションのジレンマはハイテク企業だけで起きているんじゃない!

■ 絵本の出版にも潜む、あなたの身近に存在するイノベーションのジレンマ 日本経済新聞日曜版の読書欄を読む時間は、忙しくて読みたい本も満足して読む時間を確保できない筆者の楽しいひとときです。そこに大変興味深い記事を発見したので皆さん...
新聞記事・コラム

主に日商簿記2級の出題範囲が変わります! - シンデレラガールズとのコラボとは!?

■ 日商簿記2級の出題範囲の変更内容をざっと早見しましょう! 2016年4月25日の日本経済新聞夕刊9面の広告に思わず目が止まりました。その理由は後から分かります! しかし、その内容は、お伝えするに値する情報だと思います。 ...
新聞記事・コラム

(私の履歴書)大山健太郎(25)商品開発  数分のプレゼンで即決 会議重ねず 私が全責任負う

■ だから創業者社長はすごいんです。即断即決と会社との一体感から生まれる責任感! 2016/3/25付 |日本経済新聞|朝刊 (私の履歴書)大山健太郎(25)商品開発  数分のプレゼンで即決 会議重ねず 私が全責任負う (注)日本経...
新聞記事・コラム

(私の履歴書)大山健太郎(18)世界へ羽ばたく 余った設備で米国進出 模倣品と競わず 新天地探す

■ アイリスオーヤマの競争戦略の原点を垣間見る! 2016/3/18付 |日本経済新聞|朝刊 (私の履歴書)大山健太郎(18)世界へ羽ばたく 余った設備で米国進出 模倣品と競わず 新天地探す --------------------...
新聞記事・コラム

(私の履歴書)大山健太郎(17)メーカー兼問屋 「売れ筋すぐ作る」へ態勢 工場改革、生活者目線で開発

■ アイリスオーヤマのビジネスモデルの一端を垣間見る! 2016/3/17付 |日本経済新聞|朝刊 (私の履歴書)大山健太郎(17)メーカー兼問屋 「売れ筋すぐ作る」へ態勢 工場改革、生活者目線で開発 ---------------...
新聞記事・コラム

(人間発見)オオクシ社長 大串哲史さん カット店の未来図創る -データ重視経営と「心」を売るビジネスとは?

■ データ重視経営で繁盛店を作る ヘアカット店チェーン「オオクシ」 千葉県を中心に展開されているヘアカットのチェーン「オオクシ」社長の大串哲史さん。京セラ創業者の稲森和夫氏の薫陶を受け、どうやって13期連続2ケタ成長のチェーン店を...
新聞記事・コラム

(こころの玉手箱)キャスター 小倉智昭(1) 父の教え「夢は持つな。目標を持て」

■ 小倉さんの父の名言、心に刺さりました! キャスターの小倉智昭さん。名前(下のね)が同じ読み方の有名人なので、勝手に親近感を持っていましたが、小倉さんが吃音だということを知り、さらに親近感が増しました。私も、経営コンサルタントと...
新聞記事・コラム

「YES」引き出す 交渉術、こう磨け

■ どうすれば相手から「YES」を引き出せるのか? 日経新聞朝刊のキャリアアップ欄に興味を引く記事があり、かつ有識者のインタビューもありましたので、ここにサクッと早読みで記事紹介をさせて頂きます。 2015/11/10付 |日本...
新聞記事・コラム

メタボ健診 システム不備効果検証、2割しかできず 会計検査院、改修求める

■ 企業IT部門の常識からは大きな疑問あり! 税金でお仕事している人は悠長なんですね。「名寄せができません」で済むのですから。 2015/9/5付 |日本経済新聞|朝刊 メタボ健診 システム不備効果検証、2割しかできず 会計検査...
新聞記事・コラム

(サッカー人として)三浦知良 2015年8月28日 日経新聞(朝刊)より

■ 軸1つですべて変わる いまや甲子園がゴールじゃなく、目指すは大リーグという高校球児もいるだろう。サッカーだとさらに日本代表という最終目標がはっきりしていて、代表でワールドカップ(W杯)に出るまではすべて通過点、と高校世代もとら...
新聞記事・コラム

(悠々球論 権藤博)外野で養う第三者の目 日本経済新聞朝刊2015年8月20日

■ コーチィングに必要な第三者の目 身近なスポーツで例えた方が分かりやすいだろうと、野球人の話を経営になぞらえて説明するのですが、最近の若い人達は、サッカーの方が頭に入るみたいです。おじさんはまだサッカーより野球の方がなじみますね...
新聞記事・コラム

(池上彰の大岡山通信 若者たちへ)(51)報道圧力と資本主義 「言論には言論」市場ルール

■ 経済学的に「放送」は市場取引で十分に需要と供給が調整されるのか? 久しぶりに小気味よい池上節が聞けて(読めて)、楽しい時間が過ごせたのですが、池上氏が「経済学」を持ち出されたので、「経済学」からちょっと違った視点でコメントを付したいと...
新聞記事・コラム

同性婚、全米で合法 / ウェルズ・ファーゴのCM

■ 「人権」擁護は「ROE」向上と同じくらい企業にとって大事なモノ いいタイミングで2つの新聞記事が順に掲載されました。企業も社会の公器のひとつ。存在を許してくれている社会の中でどう立ち振る舞うか、その姿勢が常に問われます。 2...
新聞記事・コラム

重さ・温度の定義 大転換 精密な測定手法 競う各国

■ 「ものさし」をはかる「ものさし」 この「ものさし」が30センチって、だれがどうやって30センチときめているんだろう? お店の人(実際には作っているメーカーの人)がこれくらいかな、と“勘”で作っていたら、信用できないなあ、と子ど...
新聞記事・コラム

(サッカー人として)三浦知良 2015年5月22日 日経新聞(朝刊)より

■ 数値もいいけど、喜びも いまやアスリートだけでなくても、みんなが健康に気を使って生きている。30年前のブラジルだと、すき焼きを写真で見せたら「何だこの気味悪いのは」と日本食文化をバカにしてたのに、そのブラジル人が和食は体に良い...
新聞記事・コラム

(芸術と科学のあいだ)(65)晩年でも傑作は生み出せる 福岡伸一 2015年5月10日 日経新聞(朝刊)より

■ 年齢を重ねてこそ発想力が高められることもある! 科学上の大発見は、科学者がごく若い頃になされることが多い。ジェームズ・ワトソンがDNAの二重ラセン構造を解明したのは25歳、アインシュタインが相対性理論を発表したのは26歳のとき...
新聞記事・コラム

(サッカー人として)三浦知良 2015年5月8日 日経新聞(朝刊)より

■ 子どもに刻まれる印象 「ドリブルで全員抜いて、シュートしろ」。小学生のころそう教わった。失敗をとがめられもしなかった。「取られるまでドリブルしてもいいぞ」と。パスに逃げたときだけ怒られた。  いま、小中学生の練習をのぞけば...
新聞記事・コラム

(私の履歴書)似鳥昭雄(28)社内不正 2015年4月28日 日経新聞(朝刊)より

■ 船仲介業者と社員癒着 3人で海外を回る極秘調査 本部移転後、ちょっとしたスキャンダルがあった。それは船をチャーターする仲介業者とニトリ社員との癒着だ。社内に通報があったが、証拠はない。ただ船の利用料金がなかなか下がらないことは...
スポンサーリンク
SNSフォロー