Tag archives for シンギュラリティ

テクノロジー

乾坤一擲の日本のAI・IoT戦略 春の陣 日本経済新聞まとめ

■ それはシンギュラリティを政府が真剣に考え始めるところから始まった! 先日、日本のAIとIoTの開発戦略について、2つ小稿を書かせて頂きました。 IoTに関しては、ドイツ「インダストリー」と米GE陣営「インダストリアル・インターネット」との合従連衡を取り上げました。 ⇒「IoT三国志 インダストリーとインダストリアル・インターネットの同盟締結で、日本のインダストリアル・バリューチェーン・イニシア…
続きを読む
テクノロジー

健全な人工知能(AI)開発の進め方と「囲碁」AIの意外な弱点

■ 健全な人工知能(AI)の開発スタイルは、AI vs. 人間じゃない! 経営管理・管理会計をやっている筆者が、しつこく自身のブログでAIを取り上げるのは、ただ個人的に興味があるだけでなく、AIの可能性が、設計・製造・販売・サービスといったバリューチェーン上の生産性の向上と、トップマネジメントによる経営管理や経営判断に資するデータ分析をしてくれるとの期待からです。それゆえ、健全でかつ効果的なAIの…
続きを読む
テクノロジー

人工知能、囲碁でプロ破る グーグルが開発、自ら学習し性能向上

■ 最後の砦、「囲碁」も人工知能(AI)の軍門に下る! とうとうその日がやってきました。チェス、将棋に続き、囲碁までもが、生身の人間と人工知能(AI)との勝負において、人工知能(AI)に勝利の旗が揚がりました。 2016/1/28付 |日本経済新聞|朝刊 人工知能、囲碁でプロ破る グーグルが開発、自ら学習し性能向上 「【シリコンバレー=小川義也】米グーグルは難易度でチェスや将棋をはるかに上回る囲碁…
続きを読む
テクノロジー

(経済教室)人工知能が変える未来 ものづくりで日本に勝機 「子供のAI」活用カギ 松尾豊 東京大学准教授

■ 「子供のAI」とは面白いネーミングです! 最近はやりの「人工知能(AI)」の産業化(ビジネス化、マネタイズ化)のお話です。 <ポイント> ① 「子供のAI」は真面目な研究開発が重要 ② 個別分野のデータ獲得が先行者利益生む ③ 建機、農機、食品加工で超巨大企業出現も 2015/10/5付 |日本経済新聞|朝刊 (経済教室)人工知能が変える未来 ものづくりで日本に勝機 「子供のAI」活用カギ 松…
続きを読む
テクノロジー

日曜に考える(創論)ロボット普及が変える世界 -人工知能(AI)について

■ 人工知能(AI)は脅威か? 2045年、シンギュラリティー(技術的特異点)が起こり、我々人類の生活は良くも悪くも一変すると、論者が様々な自説を展開して、世の中的には大変盛り上がっております。そして、経営・管理会計を主に取り扱っている本サイトでも、何回かこの「人工知能」を取り上げています。 (ちょっと悲観的にAIを解説している最近のベストセラー) 人工知能 人類最悪にして最後の発明 人工知能を取…
続きを読む
TOPへ