Tag archives for 引当金

実務で会計ルールをおさらい

(Q&A)シャープで注目、偶発債務とは? 将来リスク見積もる 3月期企業公表、12兆円に 過度な警戒は不要 -引当金とはどう違うの?

■ シャープの偶発債務リストの公表がホンハイとの交渉でも取り沙汰されました まずは、会計知識の整理の前に、シャープとホンハイの買収交渉で俎上に乗せられた「偶発債務」の影響と各社の思惑について、下記オンライン記事から引用します。 東洋経済 ONLINE シャープと鴻海、偶発債務で拭えぬ不信感 調印寸前で「待った」がかかった買収劇の帰趨 「偶発債務は2月24日朝、鴻海がシャープから受け取ったリストで問…
続きを読む
財務会計(入門編)

不適切会計の手段 -利益操作(7)当期の利益を翌期以降に繰り延べる

■ 会計テクニックを理解するために重要なこと - それは「動機」! 前回とは逆に、利益操作のもうひとつの目的である「利益の過少表示」のための「利益の繰り延べ」を取り上げます。この手法には、下記の2つの手段があります。 1.利益もしくはその源泉である収益の計上を翌期以降に繰り延べる →利益の後ろ倒し 2.将来発生が見込まれている費用を今期に計上する →費用の前倒し それにしても、会計的トリックのノウ…
続きを読む
財務会計(入門編)

不適切会計の手段 -利益操作(6)費用または損失を隠蔽するその他のテクニック

■ ワンステップで費用計上する場合には、損益計算書に直接手を加えるのです! 前回に引き続き、利益操作の目的のひとつである「利益の過大表示」のための「費用の過少表示」を取り上げます。この手法には、下記の2つの手段があることを前回ご説明しました。今回は、2.の説明になります。 1.本来、当期の発生費用を翌期以降に繰り延べる →計上タイミングを遅らせる 2.費用そのものを隠蔽してしまう →会計として費用…
続きを読む
財務会計(入門編)

不適切会計の手段 -利益操作(5)当期の費用を翌期以降に繰り延べる

■ 費用計上に至るまでのツーステップ そのワンステップ目で止めれば費用は見えなくなりますが、、、 今回から、数回に分けて、利益操作の目的のひとつである「利益の過大表示」のための「費用の過少表示」を取り上げます。これまでは、収益(売上)や利益そのものをどうにかして大きく見せる手段を説明してきましたが、利益計算するための相手側のコストをどう減らすか(経済実態的には減額されていないのですが、、、(^^;…
続きを読む
TOPへ