Tag archives for 深層学習

テクノロジー

AI、IoT時代の知的財産権(前編) - 深層学習やIoTで得た情報の権利は誰のもの? 日本経済新聞より

■ AIやIoTが当たり前の時代の知的財産のあり方について 本稿は、日本経済新聞に掲載された記事から、AIやIoT時代到来を前提に、いわゆる知的財産権(著作権、特許権など)をどう考えるべきか、つらつらと思いをつづったものです。筆者は基本的に、クリエイティブ・コモンズへの賛同者ではありますが、ビジネスの世界はそういう創作者の意図だけで何とかなるものではないようで、いろいろと問題があるようです。 20…
続きを読む
テクノロジー

(経済教室)人工知能の光と影(下)「人間の脳を超越」あり得ず 機械知より生命知に強み 西垣通・東京経済大学教授 - 今のAIでは論理的飛躍は不可能だ!

■ 人工知能(AI)の能力とは何か? きちんと見極めよう! 本稿は、日本経済新聞掲載の経済教室にて、人工知能(AI)全盛時代の機運高まる中、人間の脳を超越して諸問題が起こりうることはない、と断言する論説の紹介となります。特に、巷のAI信奉論とアンチAI論の対立については、西洋文明からの「神」「知能」に対する理解のアングルからのものと、冷静な分析を加えられています。 2016/9/7付 |日本経済新…
続きを読む
テクノロジー

(経済教室)人工知能の光と影(上)日米欧、倫理問題 対応急ぐ 様々な可能性 視野に議論 西田豊明・京都大学教授 - 技術の専門家にもノブレスオブリージュを!

■ 端的に人工知能(AI)時代の倫理問題を整理しよう! 本稿は、日本経済新聞掲載の経済教室にて、人工知能(AI)全盛時代となり得る近未来において、科学者がAIというテクノロジーと社会のあり方に対する警鐘を取り上げたものを整理するものです。専門家というものは、新技術に対し、手放しのイノベーション礼賛をするものかと思いきや、人間社会への負のインパクトにも思いを馳せるべき、という見解を、これまた専門家な…
続きを読む
本レビュー

アルフレッド・アドラー 人生に革命が起きる100の言葉(33)

■ あなたの目には世界は何色に見えていますか? ピンク色のレンズの眼鏡をかけている人は 世界がピンク色だと勘違いをしている。 自分が眼鏡をかけていることに気づいていないのだ。 ----------------------------------------------------- あなたが道を歩いている姿を想像してみてください。やがて、あなたが日頃から好意を持っている異性が向こうからやってきまし…
続きを読む
テクノロジー

天使か悪魔か 羽生善治 人工知能を探る NHKスペシャル 2016年5月15日

■ 天使か悪魔か 羽生善治 人工知能を探る 勝率7割2分、獲得したタイトル94、いずれも前人未到。将棋の神様に最も近づいた男、羽生善治がまだ戦っていない相手は「人工知能(AI)」。1990年に登場した人工知能は、当時は全くプロ棋士に歯が立たなかった。今やモンスターのような進化を遂げ、プロ棋士たちを倒している。 (記者) 「羽生さんにとって、人工知能は脅威になるのか?」 「非常に進歩が速いので、自分…
続きを読む
テクノロジー

人工知能(AI)の研究者2人に聞く! AI研究の方向性とこれからの人間教育について(前編)日経新聞より

■ 北野宏明氏と新井紀子氏に尋ねる。AI研究と生身の人間の教育のあるべき方向について 間髪入れず、日経新聞でAI研究の最先端を行く研究者から、このお二方よりありがたいお言葉を頂戴したので、僭越ながら筆者が再整理してお届けいたします。経済紙が日を置かず、連日AIを取り上げ続けるのは、ちょっと奇異ですが、世の中の盛り上がりに追随しようという心づもりはよく分かります。 2016/3/28付 |日本経済新…
続きを読む
テクノロジー

健全な人工知能(AI)開発の進め方と「囲碁」AIの意外な弱点

■ 健全な人工知能(AI)の開発スタイルは、AI vs. 人間じゃない! 経営管理・管理会計をやっている筆者が、しつこく自身のブログでAIを取り上げるのは、ただ個人的に興味があるだけでなく、AIの可能性が、設計・製造・販売・サービスといったバリューチェーン上の生産性の向上と、トップマネジメントによる経営管理や経営判断に資するデータ分析をしてくれるとの期待からです。それゆえ、健全でかつ効果的なAIの…
続きを読む
テクノロジー

人工知能、トップ棋士破る グーグル開発、囲碁で対戦 人の脳まねた学習威力

■ グーグル傘下ディープマインドが囲碁の世界トッププロ棋士との5局勝負で3連勝! ある程度予想されていた結果ですが、改めて事実を突きつけられると感慨深いものがあります。生身の人間と人工知能(AI)がボードゲームで対戦する。いつまでこの構図での対立を続けるつもりなのか、という観点でも心配は尽きませんが、とりあえず、人工知能の勝利の要因を見ていきたいと思います。 前哨戦としてこういうやり取りも日本であ…
続きを読む
テクノロジー

人工知能、囲碁でプロ破る グーグルが開発、自ら学習し性能向上

■ 最後の砦、「囲碁」も人工知能(AI)の軍門に下る! とうとうその日がやってきました。チェス、将棋に続き、囲碁までもが、生身の人間と人工知能(AI)との勝負において、人工知能(AI)に勝利の旗が揚がりました。 2016/1/28付 |日本経済新聞|朝刊 人工知能、囲碁でプロ破る グーグルが開発、自ら学習し性能向上 「【シリコンバレー=小川義也】米グーグルは難易度でチェスや将棋をはるかに上回る囲碁…
続きを読む
テクノロジー

(経済教室)人工知能が変える未来 ものづくりで日本に勝機 「子供のAI」活用カギ 松尾豊 東京大学准教授

■ 「子供のAI」とは面白いネーミングです! 最近はやりの「人工知能(AI)」の産業化(ビジネス化、マネタイズ化)のお話です。 <ポイント> ① 「子供のAI」は真面目な研究開発が重要 ② 個別分野のデータ獲得が先行者利益生む ③ 建機、農機、食品加工で超巨大企業出現も 2015/10/5付 |日本経済新聞|朝刊 (経済教室)人工知能が変える未来 ものづくりで日本に勝機 「子供のAI」活用カギ 松…
続きを読む
TOPへ