本格的リニューアルのため、表示に不具合がありますが更新中です

アルフレッド・アドラー 人生に革命が起きる100の言葉(12)

本レビュー
この記事は約2分で読めます。

■ 「劣等感」と「劣等コンプレックス」の違いとは?

コンサルタントのつぶやき

劣等感を抱くこと自体は不健全ではない。
劣等感をどう扱うかが問われているのだ。

—————–
アドラーは次の概念をきっちり区別して説明しています。

1.劣等性
目が良く見えない、背が低い、胃腸が弱いなどの具体的事実として劣った性質

2.劣等感
自分が劣っていると「主観的に思う」こと

3.劣等コンプレックス
「劣等感」を言い訳にして、人生の課題から逃げ出すこと

「学校の成績が悪い」「外見が良くない」という劣等感をバネにして、「なにくそ!」と頑張る人は、「劣等感」を持っていますが、「劣等コンプレックス」は持っていないのです。

アドラーは時には優しく、時には厳しい。「劣等感」は持っていてもいいいと彼は言います。ただし、その「劣等感」を逃げ道の理由にしていませんか? と、問うているのです。

コメント