ガンジー(18)はじめに彼等は無視し、次に笑い、そして挑みかかるだろう。そうして我々は勝つのだ。

Pocket
reddit にシェア
LinkedIn にシェア

■ 路傍の石から勝利者へ

First they ignore you, then they laugh at you, then they fight you, then you win.

はじめに彼等は無視し、次に笑い、そして挑みかかるだろう。そうして我々は勝つのだ。

(インドの弁護士、宗教家、政治指導者 / 1869~1948)
———————-

ガンジーにしては大層勇ましい表現からなる言葉です。

改革は最初、誰からも相手にされないものと相場が決まっています。誰もが賛成し、皆が最初から受け入れている事柄は、初期状態から既に実現していることなので、その時点で物事を劇的に変える「改革」はそもそも起こりようがないからです。

あなたの毎日は何の変化もなくただ過ぎていく毎日ですか? なにも平々凡々な時を過ごすことがダメだと頭ごなしに否定するつもりは毛頭ございません。ただその平穏無事な時間は、本当にあなたが心の底から願って、そして実現しているものなのでしょうか。

世界、三大幸福論のひとつ、バートランド・ラッセルの「幸福論」には、「幸せは自分の手で積極的に掴むものだ」とあります。人から与えられたものに真の幸福はなく、自ら手に入れようともがきもしないで報われる「努力」はこの世には存在しません。その平穏無事な毎日は、諍いから逃げ、変化から身を遠ざけているから、たまたまそこにあるものではないでしょうか?

自問自答してみてください。

自分の人生くらい自ら主導権を握っても誰にも後ろ指さされることはありません。最初は周囲から無視される小さなことであっても、本当に意味のある事柄ならば、あなたが望む程度には必ず理解者が現れたり、あなたの幸せを奪っていく負のオーラを持った人は、あなたの周りから駆逐されていったりするでしょう。

過度に周囲の人間に理解されることを願っても駄目です。それは自分の幸せを他人に求めていることであり、自分が幸せになることを他者任せにしています。自分の手で幸せはつかみ取る。その意気込みがあれば、自然とそれを妨害する者たちはあなたの視野から遠ざかっていくものなのです。

(Visited 17 times, 1 visits today)

Author Profile

小林 友昭
小林 友昭
現役の経営コンサルタントです。経営管理の仕組み構築や経営戦略の立案、BIシステムを中心としたIT導入まで手掛けております。
Pocket
reddit にシェア
LinkedIn にシェア

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください