なりたい自分と既になっている自分について

Pocket
reddit にシェア
LinkedIn にシェア

■ 将棋の成駒

将棋の駒の中で最強なのはどの駒でしょうか? 玉(王)それとも飛車でしょうか?

私は、「歩」だと考えています。相手陣地に入ると、「歩」は「と金」に“成る”ことができます。この“成る”という言葉は、英語では“promotion(プロモーション、昇進)”と呼びます。

将棋は駒を取ったり取られたりができるボードゲームで、最高に難しいもののひとつと言われています。その中で、最小のコスト(犠牲)で最大の影響力を行使できるのが、「と金」なのです。これは、犠牲になった価値で手に入れたものの価値を推し量る「オポチュニティーコスト」「機会原価」という会計概念からも明らかです。

これは、人にも当てはまると考えています。最初はつつましく、次第に頭角を現し、最後は大きく花開く。将棋だと捨て駒となり大きな駒を取るために犠牲になることも多いかもしれませんが、それこそ本望です。スキルや経験は使ってもらってナンボです。

さあ、私を思う存分に使ってください。使い勝手のある「と金」でありたい。

(Visited 42 times, 1 visits today)

Author Profile

小林 友昭
小林 友昭
現役の経営コンサルタントです。経営管理の仕組み構築や経営戦略の立案、BIシステムを中心としたIT導入まで手掛けております。
Pocket
reddit にシェア
LinkedIn にシェア

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください