銀河英雄伝説(1)世間では 兵士に苦労かける司令官ほど 本人も苦労してると思うものなのさ - ヤン・ウェンリー

Pocket
reddit にシェア
LinkedIn にシェア

■ プロジェクトマネージャーは因果な商売

世間では 兵士に苦労かける司令官ほど 本人も苦労してると思うものなのさ

(ヤン・ウェンリー|銀河英雄伝説 ©田中芳樹/徳間書店)
——————–

世の中の“働き方改革”に抱くイメージも世代間によって異なる像を結ぶようで。

高度経済成長時代、モーレツ社員の先頭に立って、課長、部長は朝早くから夜遅くまで働き通し。部下もその背中を見てモーレツに働いた。そういう時代も確かにありました。皆が一生懸命、無我夢中で働き、自分も会社も社会も給料袋の重さも成長する。そういう手ごたえが感じられる古き良き時代はどこに行ったのでしょうか?(^^)

さて、話をぐっと現在の私の身近なところに戻すと、私は、コンサルティングファームでプロジェクトマネージャーという仕事に就いております。これが不思議で因果な商売で、みんなが忙しい時は暇で、みんなが暇なときに忙しいのです。

プロジェクトは厳しいQCD(Quality, Cost, Delivery)の制約が課せられているので、プロジェクトメンバーは声を揃えて、「恒常的にずっと忙しいよ!」と言いますが、それでも、納期が設定された、納期直前に実際の仕事量と集中力の要求度が高まります。

しかし、プロジェクトマネージャーの仕事のピークは、プロジェクトメンバーの仕事のピークとは若干ずれています。

プロジェクトが開始される前に、プロジェクトスコープの設定、プロジェクト体制の編成、スケジュール(WBS:Work Breakdown Structure)の作成というひと仕事を実はやり終えているのです。明確なスコープとコンティンジェンシー・プランが組み込まれたスケジュールを描くことができれば、プロジェクトマネージャーにとって、プロジェクトの過半はもう終わっているに等しくなります。

⇒「プロジェクトマネジメントの王道 WBSを作成する(1)WBSで管理すべきプロジェクトが何か分からないとWBSを理解できない!
⇒「プロジェクトマネジメントの王道 WBSを作成する(2)上流プロジェクトの事例で実際にWBSを書いてみる!
⇒「プロジェクトマネジメントの王道 WBSを作成する(3)上流プロジェクトのWBS作成にあたってのTIPS

プロジェクトは必ず有期限なので、中間の折り返し時点で、期限直前の着地点の絵姿をイメージします。そこで、クライアントへの説明方針、残課題の洗い出し、納品物・成果物の一覧と品質チェック、継続すべき場合は次フェーズのプロジェクトプラン策定と、プロジェクトメンバーが通常運転で作業を遂行している間に、2回目のピークが静かにやってきます。

そして、大抵の場合、プロジェクトメンバーが知らない間にこの2つのピークを涼しい顔で皆が気付かないうちに裏で済ませておくのが、腕っこきの敏腕プロジェクトマネージャーなのです。

 

■ 最良の火消し役は火中に飛び込むようなことはしません!

プロジェクト管理は冷静に状況判断することを要請します。したがって、仮にプロジェクトがいわゆる「炎上」している際に、メンバーと一緒に汗をかいて、同じ目線で右往左往、あたふたと作業を始めては決していけないのです。

よく「炎上」しているプロジェクトに、次々の応援の人手を送り込むケースがありますが、プロジェクト内容を熟知して、適切に振舞える人などほんの一握り。大抵は仕事の邪魔になるだけです。だって、いちいち作業指示するのに、プロジェクト環境や目標、はたまた人間模様やキーマンの好みの食事まで教えなければならないのですから。(^^)

そして、「炎上」しているプロジェクトの管理者として鎮座するプロジェクトマネージャーが、自分の管理能力の限界、自分の読みのハズレ、が表出したにすぎないのに、その罪を闇に葬り去ろうと、自分が一作業者になって山積している課題に取り掛かるなど、自分の本分を忘れるにもほどがあります。

「炎上」して、プロジェクトメンバーが連日徹夜状態になっている時こそ、定時で帰宅する勇気をプロジェクトマネージャーは持つ必要があるのです。

もちろん、「炎上」しているプロジェクトを鎮火させるために、適時適切な作業指示をメンバーに伝えてからの帰宅です。そして、プロジェクトでただ一人、冷静に事態の変化の把握に努め、健康的なコンディションで、リカバリー策を考え抜くのです。

プロジェクトメンバーからすれば、一緒に完徹してくれて、汗をかいてくれるプロジェクトマネージャーの方が、親近感があり、歓迎する向きもあるかもしれません。でも、よく考えてください。そういう「炎上」状態を招いたのは、プロジェクトマネージャーその人なのですよ! そして、大抵の「炎上」は、一人のプロジェクトマネージャーが作業者として投入されたからといって、どうにもならないから「炎上」しているのですよ! ここを勘違いしてもらっては困ります。(^^)

まあ、優秀なプロジェクトマネージャーは、湖にある白鳥の如く、です。水面下では必死になって水を櫂でいるのですが、水面上では優雅に進む姿を見せる、あれです。

えっ、私ですか?
スコープ設定もWBS作成も、課題解決も全部、メンバーに丸投げしていますよ!
そして、定時帰宅で夜はのんびりアニメ鑑賞です。ダメじゃん。(^^;)

(Visited 73 times, 1 visits today)

Author Profile

小林 友昭
小林 友昭
現役の経営コンサルタントです。経営管理の仕組み構築や経営戦略の立案、BIシステムを中心としたIT導入まで手掛けております。
Pocket
reddit にシェア
LinkedIn にシェア

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください