アーカイブ: 所感 - ページ 3

所感

一流のビジネスマンの交渉術 - 取引先と上司の利害対立に巻き込まれたら

■ 安易に妥協点を見つけようとするな! 私は、いつも、お客様と上司の間に挟まれて、四苦八苦しています。皆さんの中にも、営業マンだったら、取引先と工場、経理マンだったら、公認会計士と経理部長の間に立って、利害調整に汗をかくことがあるかもしれません。その努力が報われればまだいい方で、最悪なのは、双方から感謝もされず、不満だけぶちまけられ、挙句の果てには、対立していた課題も解決されないまま、どこかにうっ…
続きを読む
所感

大手企業技術者の多くが学力不足 神戸大などが調査 「9-3÷1/3+1」正答率6割切る

■ ここで問題です。 投稿名にある計算式の答え分かりますか? ちょっとビックリした記事に目が留まりましたので、筆休め(読み休め)として本稿を紹介します。お前のブログは全部くだらないじゃないか、という突っ込みはおいといて、、、(^^;) 2015/12/2|日本経済新聞|夕刊 大手企業技術者の多くが学力不足 神戸大などが調査 「9―3÷1/3+1」正答率6割切る 「国内大手企業の技術者の多くが、中学…
続きを読む
所感

石切工のお話し 漂流するプロジェクトのPMへ

■ あなたは何を作っていますか? ドラッカーが著書の中で触れている例の有名な石切工の一節。その元になった例え話から。 -------------------- ピラミッド建築に使う石を切り出す現場で、石切工に尋ねた。 「あなたは何をしているのか?」 一人目の男はこう答えた。 「これで食べている」 二人目の男はこう答えた。 「最高品質の石を切り出している」 三人目の男は目を輝かして、こう答えた。 「…
続きを読む
所感

制管一致について(1)その前に制制一致の問題があります!

■ 「制管不一致」の前に「制制不一致」を考える 様々なクライアントにおいて、管理会計の仕組み構築のお手伝いをしていると、「制管一致」とか、「制管差の可視化」というテーマを頂戴することが少なからずあります。管理会計屋としては、精緻な分析ロジックを駆使して、「一致」や「差異」を管理可能なものにしていくことに、テクニシャンとしての喜びは感じるのですが、そもそも、「なぜ管理会計数値と制度会計数値の乖離が発…
続きを読む
所感

ソーシャルスタイル診断 クライアントや部下とのコミュニケーションに悩んでいる方へ

■ またまた性格診断ものをご紹介します! 今回は、「ソーシャルスタイル理論」に基づく性格診断をご紹介します。 その人の、他人とのコミュニケーションにおける自分の出し方で2軸の4類型に分ける診断です。その2軸とは、「感情表現」と「自己主張」です。 筆者はシンプルに下図のように理解しています。 では、早速各種サイトにて、簡単な質問に答えるだけで、あなたの性格というか、コミュニケーションの型の診断をして…
続きを読む
所感

柔らかい言葉を使うこと 「不適切会計」とは?

■ 普通に「不適切会計」と言っているけど、その言葉の定義は知っていますか? 柔らかい言葉を使うこと自体は、論争にはならず、むしろ推奨されることが多くあります。 昨今、東芝において、虚偽の会計報告が過去にあった旨が新聞・TVにて連日のように報道されていますが、そのお題目は、「不適切会計」。これは、従来、人口に膾炙していた「粉飾」とはどう違うのでしょうか? 「監査・保証実務委員会研究報告第25 号」 …
続きを読む
所感

絶対値とコンサルティング  - コンサルタントに必須な素養とは?

■ 「絶対」は「絶対」に無い!? いきなりアニソンの一節で恐縮です。 「いつだって  絶対 なんて 言葉 なんか ないんだ 絶対」 題名:monochrome 作詞:meg rock 作曲・編曲:kz 歌:Dancing Dolls 私も、「絶対」なんて「絶対にない」と心に言い聞かせて日々のコンサルティングサービスを実践しております。「絶対」と最初から決めてかかると、あらゆる可能性や課題を見逃して…
続きを読む
所感

類人猿診断やってみません? 部下育成にきっと役立ちます!

■ あなたは「類人猿」に例えると? いろいろな性格分析のツールが世の中にはあります。実際にビジネスの世界で上手く活用されているものを今回はご紹介します。 人間関係がうまくいく「類人猿診断」 簡単な質問にたった5問答えるだけで、あなたの性格が、 1.オラウータン(職人気質のこだわり屋) 2.チンパンジー(勝ちにこだわるリーダータイプ) 3.ゴリラ(平和主義でちょっと小心者) 4.ボノボ(感情豊かな寂…
続きを読む
所感

トーク力か共感力か?

■ どうしてそんなに話せるの? ここ最近、クライアント先でのセッション、社内教育トレーニングとか社外の一般セミナーなどで、講師や会議のファシリテーションを拝命することが多くなっています。一つのセッションや、セミナーで必ず一つ以上の「笑い」(ジョークとか受け狙いとか)をとることを必達目標にしています。 受講者とか、クライアントの参加メンバーからよく聞かれるのが、「どうしてそんなに話せるの?」という素…
続きを読む
所感

脚本家・加藤 陽一 2015年3月22日 クリエイター体験講座 AnimeJapan 2015

■ シナリオを描く前にコンセプトを共有する すでにカミングアウトしている通り、アニオタ親子なので、中学生の息子と東京ビックサイトで年一回催される「AnimeJapan 2015」に今年も行ってきました。 私は、アニメに接する際に3つの視点を持っています。 ① 純粋にアニメ作品を鑑賞するのが好きなファンの視点 ② クールジャパンの格好の商材としてどのように海外市場に拡販していくか、 アニメ制作工程の…
続きを読む
TOPへ