スティーブ・ジョブズ(27)イノベーションの出どころは、夜の10時半に新しいアイデアが浮かんだからと電話をし合ったりする社員たちだ。

Pocket
reddit にシェア
LinkedIn にシェア

■ 熱意と集中力がイノベーションを生み出す必要条件とは

イノベーションの出どころは、夜の10時半に新しいアイデアが浮かんだからと電話をし合ったりする社員たちだ。

(米国の実業家、アップル創業者 / 1955~2011)
——————–
ジョブズは、別にイノベーターは夜型で、22時半以降に電話した方が、いいアイデアが出ると言いたい分けではないと思います。(^^)

ひらめきと偶然がイノベーションを支配しているのだったら、誰も努力する必要はないし、何かが創造されるのに、人間の工夫の余地は存在しません。

イノベーティブな企業は、棚ぼた式に、何か成果が出ることを座して待っていることしかできないのでしょうか?

何かを創造したいという熱狂と執着心、夜中まで執着をもって粘り強く考え続けること。そうした限界をさらに超えた粘り強さと根気があって初めて、アイデアマンの持つアイデアは実現可能なものに形作られてくる。

イノベーションは天才だけの専売特許ではない。同時に不断の努力を怠らない努力の天才である人が、命を削って、生みの苦しみを味わいながら手中にする。

そういう激烈な含意が込められているのにもかかわらず、軽口で表現されているのが冒頭の言葉なのでした。(^^)

(Visited 29 times, 1 visits today)
Pocket
reddit にシェア
LinkedIn にシェア

1件のコメント

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です