本格的リニューアルのため、表示に不具合がありますが更新中です

AI

スポンサーリンク
テクノロジー

知るを知るとなし 知らざるを知らずとなす これ知るなり -ディレクトリ型検索エンジン復活の狼煙

私は、これだけ情報過多になった現在、また歴史は繰り返し、ディレクトリ型検索エンジンが復活するのではと期待しています。それゆえ、私は、また歴史は繰り返し、ディレクトリ型検索エンジンが復活するのではと期待しています。「1周回って知らない話」風。
本レビュー

コンサルタントの秘密 – 技術アドバイスの人間学(45)そこに無いものを見る方法③ - 洗濯物リストを使う

皆さんも各自のお仕事において、チェックリストをあらかじめ用意しておいて、検証したい項目群の抜け漏れや冗長性を確認することも多いことと思います。ここでは、チェックリストと洗濯物リストのちょっとした視点の違いに触れつつ、仕事のレビューの仕方について考えてみたいと思います。
本レビュー

コンサルタントの秘密 – 技術アドバイスの人間学(44)そこに無いものを見る方法② - 他の人を利用する

自分をあまり頼りにせず、自分の欠点を補うために、他人の協力を仰ぐことは、個人のプライドや意地以外に、結果を重んじるのなら、とても賢いやり方だと思います。「聞くは一時の恥聞かぬは一生の恥」と言いますし。
スポンサーリンク
組織管理(入門)

アウトプットの標準化 業績向上のためにはプロセスとアウトプット どちらを管理するのが有効か?

アウトプットの標準化 業績向上のためにはプロセスとアウトプット どちらを管理するのが有効か?
所感

【満員御礼】(7/24)日本CFO協会主催 CFO NIGHT!! 2018 PDCA経営から将来予測経営へ ~不確実性の時代の中で管理会計に何ができるか?

■ PDCA経営から将来予測経営へ 2018年7月24日(火)に、一般社団法人 日本CFO協会主催による「CFO NIGHT!! 2018」にて、プロフェッショナルセッションAとして、小職が「PDCA経営から将来予測経営へ 不確実...
名言・格言

ラルフ・ワルド・エマーソン(7)嫉妬は無知のしるしであり、人真似は自殺行為である。

■ 徹底的にオリジナリティにこだわる Envy is ignorance; imitation is suicide. 嫉妬は無知のしるしであり、人真似は自殺行為である。 (米国の思想家、哲学者、宗教家、作家、詩人 /...
所感

Akinator(アキネーター)たった20つの質問であなたが思い浮かべた人物を当てて見せます - AIの凄みここにあり!

■ アキネーターを使ってAIのすごさを実感してみよう! Akinator(アキネーター)とは、実在または架空の人物・キャラクターを絞込み推測しながら特定するプログラムエンジンです。20個程度の質問に対して選択肢からひとつ選んでいく...
名言・格言

アリストテレス(8)受け入れずして思想をたしなむことができれば、それが教育された精神の証である。

■ 知識は血肉になると知恵となる! It is the mark of an educated mind to be able to entertain a thought without accepting it. 受け入れず...
名言・格言

アリストテレス(4)教育の根は苦いが、その果実は甘い。

■ AGI全盛時代に備えたリカレント教育について The roots of education are bitter, but the fruit is sweet. 教育の根は苦いが、その果実は甘い。 (古代ギリシア...
本レビュー

コンサルタントの秘密 – 技術アドバイスの人間学(20)大秘密第五番 - コンサルタント業において一番大切な業務は、料金を適正に設定することだ

■ 大秘密第五番 このシリーズは、G.W.ワインバーグ著『コンサルタントの秘密 - 技術アドバイスの人間学』の中から、著者が実地で参考にしている法則・金言・原理を、私のつまらないコメントや経験談と共にご紹介するものです。 G....
名言・格言

ナポレオン・ボナパルト(7)勇気は愛のようなものである。育てるには、希望が必要だ

■ 最初から覚悟なんて持つことはできない! Courage is like love; it must have hope for nourishment. 勇気は愛のようなものである。育てるには、希望が必要だ。 ...
名言・格言

ナポレオン・ボナパルト(3)勝利は、もっとも忍耐強い人にもたらされる

■ どうして一番しつこい人に勝利が転がり込むのか? Victory belongs to the most persevering. 勝利は、もっとも忍耐強い人にもたらされる。 ダヴィッド『ベルナール峠からアル...
テクノロジー

働く日本人はAIを克服することができるか?(後編)モジュール化 対 要素技術・匠の技から考える

■ 「モジュール化」より「インテグラル化」を極めてきた日本の製造業 ダイレクトにAIを取り上げていない日本経済新聞記事を題材に、AIを克服する日本人の働き方について考察する投稿の第3弾です。 <第1弾のまとめ> ・経済の...
テクノロジー

働く日本人はAIを克服することができるか?(中編)世界一のサービス品質と人間の顔が見える株式投資から考える

■ 日本人のサービス品質は世界一!? ダイレクトにAIを取り上げていない日本経済新聞記事を題材に、AIを克服する日本人の働き方について考察する投稿の第2弾です。 <前回のまとめ> 経済のデジタル化の進展により、情報処理の中...
テクノロジー

働く日本人はAIを克服することができるか?(前編)補完財とモジュール化から考える

■ 補完財とモジュール化から説き始めるAI時代の働き方 ダイレクトにAIを取り上げていない日本経済新聞記事を題材に、AIを克服する日本人の働き方について考察したいと思います。 2017/8/30付 |日本経済新聞|朝刊 (やさし...
会計で経営を読む

研究開発費、4割が最高 主要企業、総額5.7%増 – 日本型R&D投資戦略は効果発現重視か長期的視点か?

日本の研究開発投資は、GDP比率では各国より数%分は高く、長い間、技術立国ニッポンを支える競争優位の源泉でした。その動向について、最近は批判的な論評が目立ちます。丹念に数字を追って、その評価の真贋を問いたいと思います。 2...
テクノロジー

満員御礼!2017/7/12 日本CFO協会主催 CFO NIGHT!! 『経理業務へのRPA導入および運用事例』

■ RPA:Robotic Process Automation の事例紹介セミナー 満員御礼! 2017年7月12日(水)に、一般社団法人 日本CFO協会主催による「CFO NIGHT!!2017」が開催され、筆者も、基調講演の...
テクノロジー

AI(人工知能)に職を奪われるかを恐れる前にRPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)の影響を考えるのが先!

■ 中学生プロ棋士、藤井四段が示したAIと人間の新たな関係とは? AIがもてはやされる現代、将棋ソフトを使いこなした藤井四段が連勝を伸ばし、やっぱりAI時代の到来を確実にする報道の方向でマスコミがはやし立てる中、もっと現実的で、も...
会計で経営を読む

(ニュースフォーキャスト)アップルの世界開発者会議(5~9日)「後出し戦略」にリスクも – バリュープロポジションは経営者のスタイルで

■ ジョブズ後のアップル、スマートスピーカーで競合の後塵を拝する! 経営陣の交代により、企業がコンペチターとの競争戦略で自社の「売り」とする「バリュー・プロポジション」を変えてくることは、ままあります。それが、カリスマ性のあるリー...
会計で経営を読む

(読み解き現代消費)「応援買い」 売り手との関係性重視 - 新しいカスタマー・インティマシーの訴求方法とは

■ 「モノ」から「コト」へ。売り手と買い手のリレーションで商売をする! トレーシーとウィアセーマは1995年に『ナンバーワン企業の法則』で、企業が顧客に対して、どういうフォーマットで「バリュープロボシション(value propo...
会計で経営を読む

バフェット氏、不振IBMに見切り 保有株3割売却 – 報道の裏にはバークシャー・ハサウェイの経営実態がある!

■ 逃げるウォーレン・バフェット、バージニア・ロメッティを走らす! 「よく分からない、知らない会社には投資をしない」と言明していたウォーレン・バフェット氏。6年前に米IBMやアップル株などハイテク株を取得した時には、事業内容はよく...
テクノロジー

(経済教室)憲法学のフロンティア(上)AIのリスクに対応急げ「個人の尊重」揺るがす恐れ 山本龍彦・慶応義塾大学教授

■ 便利とリスクは裏腹の関係。憲法学から見たプロファイリング問題とは? 昨今流行のビッグデータをAIで解析して最適な行動を人間に提案することに多くの技術者のしのぎを削っていますが、その裏側では、これまでの人間社会を破壊する可能性の...
テクノロジー

〈FT特約〉知恵に欠ける人工知能投資 バフェット氏にかなわず - AIが人間に投資で勝利する意味は、AIが完全義体となる時である

■ AIがバフェット氏を超克する日は来るのか? ウォーレン・バフェット氏は、現代で最も成功した投資家の一人です。その投資スタイルは、バイ・アンド・ホールド。とにかく、自分基準の企業価値を算定し、市場の揺らぎの中でその企業価値から株...
所感

AIの倫理基準、東芝の株式買い取り、静岡市の政令指定都市認定に学ぶ撤退基準、制御ルールの重要性について

■ 常にコンティンジェンシー・プランを持ち合わせている人が最強! 契約文化が浸透している欧米(特に米国?)では、結婚前に離婚時の財産分与や養育権などについて、予め契約書を交わしておいてから結婚生活に入るのが一般的?だそうです。つま...
テクノロジー

ポーカーAI、プロに圧勝 1000万の展開学習 直感も磨く

■ とうとうポーカーゲームもAIの方に軍配が上がりました! チェス、将棋、囲碁ときて、ポーカーまでAIの手に勝利が落ちました。有限の組合せの中で手を考えるゲームでAIと生身の人間が競うのはもう無理があるのではないでしょうか? 2...
会計で経営を読む

内製化とアウトソーシング(外注)、そしてアライアンスを峻別する戦略眼はどこに定めるべきなのか?

■ 会社が事業・商品ポートフォリオ選択と業務プロセス設計をする際の着眼点とは? 大企業という名で呼ばれる企業は、得てして複数事業を営み、業務プロセス(バリューチェーン)も多岐にわたっています。機能軸で統合化すれば「垂直統合」、機能...
テクノロジー

(’17戦略 そこが知りたい)(8)AI競争 勝ち抜くには? 日本IBM社長 ポール与那嶺氏 使い方まで丸ごと提案

■ AI(人工知能)をテクノロジーではなくビジネスで語ってみる! AIが人の仕事を奪う、という警鐘が鳴らされています。その真偽の程はともかくとして、その程度、対象職種、代替速度を真剣に議論し、社会全体で構造変化と技術進歩に伴う不可...
テクノロジー

どうして現在のディープラーニング技術ではAIが東大入試を乗り越えられないのか? - AI脅威論にも安易な礼賛にも同調しない人間中心のAI活用について

■ AI脅威論を恐れすぎない。AI万能論にも同調しない。 現在は、AI(人工知能)第3次ブームとも呼ばれています。そして、AIが人間の仕事を奪うのではないかというAI脅威論を唱える人や、万能なAI(汎用型AI、AGI:Artifi...
会計で経営を読む

経営管理会計トピック 2016年 筆者が独断で選ぶTOP5 AIからコーポレートガバナンスまで

■ 2016年の経営管理会計に関連するトピックを筆者独断でランキング 筆者の勝手気ままなブログに日ごろお付き合い頂きありがとうございます。経営コンサルティングを生業にしながら、傍らで、つれづれなるままに、このブログを書き綴ってきま...
新聞記事・コラム

目標かなえる自分に変わる 米スタンフォード大心理学者 マクゴニガルさんに聞く - AIでない感情を持つ人間ならではの目標設定方法とは

■ 来年の目標設定はもうお済みですか? 自分を見つめ直す好機到来! 日本には都合がよく、年末と年度末(学校や3月期決算会社など)の2回、今年の反省と来年の目標設定ができるチャンスが到来します。今回は、年末の反省と目標設定のためのコ...
スポンサーリンク
SNSフォロー