Tag archives for ポジショニング

経営戦略(基礎編)

経営戦略概史(12)コトラーによる「マーケティング・マネジメント」- STP・MM・PLC戦略を体系化

■ マーケティングを普及させた『マーケティング・マネジメント』 「経営戦略」の歴史を、三谷宏治著「経営戦略全史」(以下、本書)をベースに説明していきます。コトラーが著した『マーケティング・マネジメント』は1967年に初版が発行された後、今や12版を数えるに至っています。本著は、800ページを超える大著であるため、通読に骨が折れますが、CRMやSFA、e-commerce などにも言及されており、常…
続きを読む
孫子の兵法(入門編)

孫子 第9章 行軍篇 40 軍は高きを好みて下(ひく)きを悪(にく)み

■ ポジショニングの兵法 - とにかく組織が有利なように布陣する! 軍隊は、高地を好んで低地を嫌い、日当たりのよい南に面した場所を最上として、日陰になる北に面した場所を最悪とし、兵士の衛生に気を配りながら、水や草の豊かな地域を占めるようにします。これを必勝の駐屯法と称し、軍隊内に様々な疾病を生じさせないようにします。丘陵や堤防では、その日向の側に陣取り、丘陵や堤防が、右後方になるようにします。こう…
続きを読む
孫子の兵法(入門編)

孫子 第9章 行軍篇 39 四軍の利は、黄帝の四帝に勝ちし所以なり

■ 分析の兵法 - とにかく組織が安全になる行動を分析する! (1)山岳地帯における注意点 さまざまな地形に軍隊を配置し敵情を偵察するのに、 ① 山を越えるには谷沿いに進む ② 高地を見つけて休息場所を確保する ③ 戦闘に入る場合は、高地から攻め下るようにする ④ 決して自軍より高い地点を占拠する敵に向かって攻めのぼったりしない (2)河川地帯における注意点 ① 川を渡り終えたならばすぐにその川か…
続きを読む
会計で経営を読む

ファストリ傘下のGU、人気商品をすばやく増産 従来の半分、2ヵ月で -ファストファッションのビジネスモデルはレッドオーシャン !?

■ ファーストリテイリングもボリュームゾーンを取りに行くのか? ファーストリテイリング(ブランドは、ユニクロ、GUなど)が、傘下のジーユーで、ファストファッションのビジネスモデルへの追随策に出ています。これが吉と出るか凶と出るか、大変興味深い所ではあります。 以前、ユニクロブランドで、機能性素材「ヒートテック」「ウルトラライトダウン」といった機能品質重視の顧客ニーズの取り込みをバリュープロポジショ…
続きを読む
孫子の兵法(入門編)

孫子 第6章 虚実篇 25 進むも迎う可からざる者は、其の虚を衝(つ)けばなり

■ 敵の不備をつく! ① 自軍が進撃しても決して敵軍が迎え撃つことができないのは、その進撃路が敵の兵力配備の隙を衝くからです。 ② 自軍が退却しても決して敵軍が退却阻止をできないのは、その退却路が遠すぎて追撃できないからです。 ③ 自軍が戦いを望めば、敵がどうしても自軍と戦わなければならなくなるのは、敵が絶対に救援に出てこざるを得ないポイントを攻撃するからです。 ④ 自軍が戦いを望まなければ、地面…
続きを読む
経営戦略(基礎編)

経営戦略概史(1)経営戦略100年の振り返り方 三谷宏治著「経営戦略全史」より

■ まず、どうして時間軸で経営戦略を語るのかを説明します! 今回から、「経営戦略」の歴史を、三谷宏治著「経営戦略全史」をベースに説明していきます。なぜ、「経営戦略」の基礎を歴史形式で説明するかの理由ですが、物事の整理方法で、「時間軸」でものを見るというのは、時間の流れは誰にでも平等でかつ暴力的で、ある一定の視座が得られるメリットがあるからです。「何年にだれがこの説を唱えた」という事実は、他人と容易…
続きを読む
名言・格言

スティーブ・ジョブズ(7)イノベーション

■ 市場でのポジショニングはイノベーションの有無が決める! Innovation distinguishes between a leader and a follower. イノベーションは、誰がリーダーで誰がフォロワーかをはっきりさせる。 スティーブ・ジョブズ I   スティーブ・ジョブズ II ------------------------------------------- …
続きを読む
孫子の兵法(入門編)

孫子 第3章 謀攻篇 11 小敵の堅なるは、大敵の擒(とりこ)なり

■ 競合他社との戦力差を見極めて戦い方を変えることが必定! 組織を率いて戦いを仕掛けるにあたって、敵と味方の戦力差により、必勝を期すための戦い方というものは当然に変わってきます。 1.自社が相手の10倍だったら、敵を包囲する 2.自社が相手の5倍だったら、敵に正面攻撃を仕掛ける 3.自社が相手の2倍だったら、敵を分断する 4.自社が相手と互角だったら、必死に力戦奮闘する 5.自社が相手より劣ってい…
続きを読む
TOPへ