本格的リニューアルのため、表示に不具合がありますが更新中です

アルフレッド・アドラー

スポンサーリンク
本レビュー

アルフレッド・アドラー 人生に革命が起きる100の言葉(100)相手があなたを評価するかどうかは相手の課題です

■ 課題の分離ができる人は幸せだ! 陰口を言われても、嫌われても、 あなたが気にすることはない。 「相手があなたをどう感じるか」は 相手の課題なのだから。 ------------------------...
本レビュー

アルフレッド・アドラー 人生に革命が起きる100の言葉(99)相手が自分の課題に踏み込んできたときの対応とは

■ 相手が自分の課題に踏み込んできた際も、「課題の分離」を徹底すること! それが「あなたの課題」ならば、 たとえ親に反対されても従う必要はない。 自分の課題に足を踏み込ませてはいけないのだ。 --------...
本レビュー

アルフレッド・アドラー 人生に革命が起きる100の言葉(98)相手の課題を勝手に背負うから苦しいのです!

■ 相手の課題を背負うことは親切でもなんでもなくて、傲慢かもしれませんよ! 妻の機嫌が悪いときに、夫が責任を感じてはいけない。 不機嫌でいるか上機嫌でいるかは、妻の課題。 その課題を勝手に背負うから苦しいのだ。 ...
スポンサーリンク
本レビュー

アルフレッド・アドラー 人生に革命が起きる100の言葉(97)あなたが悩んでいる課題は本当にあなたの課題なのか?

■ 誰の課題かを簡単に見分ける方法とは? あなたが悩んでいる問題は 本当に「あなたの問題」だろうか。 その問題を放置した場合に困るのは誰か、 冷静に考えてみることだ。 ------------------...
本レビュー

アルフレッド・アドラー 人生に革命が起きる100の言葉(96)表面的な行動の裏の動機は必ずや”善”である!

■ あなたは相手の真意を汲み取って勇気づけができるか? 行動に問題があるとしても その背後にある動機や目的は 必ずや「善」である。 --------------------------------------...
本レビュー

アルフレッド・アドラー 人生に革命が起きる100の言葉(95)楽観的であれ! 楽観主義は性格ではない。意志である!

■ 楽観的に今現在に集中する! 楽観的であれ。 過去を悔やむのではなく、 未来を不安視するのでもなく、 今現在の「ここ」だけを見るのだ。 ---------------------------------...
本レビュー

アルフレッド・アドラー 人生に革命が起きる100の言葉(94)ソリューション・フォーカス法で人を育てる!

■ ミスを憎んで人を憎まず! 間違いを指摘せず、原因究明という吊し上げもせず、 「こんなやり方はどうかな?」と提案する。 それこそが、相手を育てる有効な方法である。 ---------------------...
本レビュー

アルフレッド・アドラー 人生に革命が起きる100の言葉(93)自分の力で困難を克服できる活力を与えるためには?

■ 「かわいい子には旅をさせよ」は至言である! 甘やかすと相手の勇気を奪ってしまう。 手助けしたり、ちやほやしたりするのではなく、 独り立ちの練習をさせよ。 -------------------------...
本レビュー

アルフレッド・アドラー 人生に革命が起きる100の言葉(92)新しいチャレンジのためにあえて失敗させる

■ 「失敗」の機会を奪われることは勇気くじきの元である 「まだ無理だ」と思っても、やらせてみる。 失敗しても「今度はうまくできるはず」と 声をかけることが大切なのだ。 --------------------...
本レビュー

アルフレッド・アドラー 人生に革命が起きる100の言葉(91)アイ・メッセージで勇気づけを与える方法とは?

■ 「私」の気持ちを伝えることに徹する。 「ケーキ、食べちゃったの?ひどい!」などと 怒り、睨みつけてはいけない。 「食べたかったなぁ。残念だなぁ」と伝えるのだ。 ----------------------...
本レビュー

アルフレッド・アドラー 人生に革命が起きる100の言葉(90)命令とお願いは180°違う。主語を私からあなたに代えると印象は全く違う

■ 命令口調をやめる。主語を「私」にする。 命令口調をやめて、 お願い口調や「私」を主語にして伝えると、 それだけで勇気を与えられるだろう。 ---------------------------------...
本レビュー

アルフレッド・アドラー 人生に革命が起きる100の言葉(89)「共感」と「同情」は全く違う!

■ 「共感」しているつもりで「同情」していませんか? 大切なことは「共感」することだ。 「共感」とは、相手の目で見、相手の耳で聞き、 相手の心で感じることである。 ----------------------...
本レビュー

アルフレッド・アドラー 人生に革命が起きる100の言葉(88)ものの見方を変えるだけで世界は変わる!

■ ネガティブに評価して勇気くじきをしていませんか? 「暗い」のではなく「優しい」のだ。 「のろま」ではなく「ていねい」なのだ。 「失敗ばかり」ではなく 「たくさんのチャレンジをしている」のだ。 ----...
本レビュー

アルフレッド・アドラー 人生に革命が起きる100の言葉(87)できていない所に目をやるのではなくて、できている点に注目する!

■ できていない、あら探しはもう止め! 人の行動の95%は正しい行動である。 しかし私たちは「当たり前だから」と それを無視してしまう。 わずか5%しかない 負の行動に着目してはいけない。 -----...
本レビュー

アルフレッド・アドラー 人生に革命が起きる100の言葉(86)問題の原因を指摘しても勇気を奪うだけである!

■ 物理学と心理学は違うのだ! 人の心理は物理学とは違う。 問題の原因を指摘しても、勇気を奪うだけ。 解決法と可能性に集中すべきなのだ。 -----------------------------------...
本レビュー

アルフレッド・アドラー 人生に革命が起きる100の言葉(85)できないからといって仕事を取り上げることは相手の勇気を奪ってしまうこと

■ 困難を克服する機会を奪う権利はあなたには無い! 失敗や未熟さを指摘してはいけない。 できないからといって取り上げてもいけない。 相手の勇気を奪ってしまうからだ。 自ら困難を克服する機会を奪ってしまうのだ。 ...
本レビュー

アルフレッド・アドラー 人生に革命が起きる100の言葉(84)ほめてはいけない!

■ ほめることは、相手を下に見ているメッセージにもなる! ほめてはいけない。 ほめることは「あなたは私よりも下の存在だ」 「どうせあなたにはできっこない」と 相手に伝えることに等しいからだ。 ------...
本レビュー

アルフレッド・アドラー 人生に革命が起きる100の言葉(83)不完全さを認める勇気を持つ!

■ あなたの、相手の不完全さを認める「勇気」が共同体感覚を高める! 他人の評価に左右されてはならない。 ありのままの自分を受けとめ、 不完全さを認める勇気を持つことだ。 -------------------...
本レビュー

アルフレッド・アドラー 人生に革命が起きる100の言葉(82)勇気が持てるのは誰かに貢献できると思える時である!

■ あなたは、勇気はどこから湧いてきますか? 人は「貢献感」を感じ、 「自分に価値がある」と思える時にだけ 勇気を持つことができる。 -------------------------------------...
本レビュー

アルフレッド・アドラー 人生に革命が起きる100の言葉(81)困難を克服する活力を「勇気」と呼ぶ!

■ あなたは、勇気をどれだけ持っていますか? 「勇気」とは困難を克服する活力のことだ。 勇気のない人が困難に出合うと、 人生のダークサイドへと落ちていってしまうだろう。 -------------------...
本レビュー

アルフレッド・アドラー 人生に革命が起きる100の言葉(80)共同体感覚のためには、上司に迎合しなくてはいけないのか?

■ 目的論で考えた時、目先の人に認めてもらいたくなる衝動を抑えられるか? 理不尽な上司や学校の先生に、 むりやり認めてもらう必要はない。 市場価値の高い人になればいい。 より大きな共同体で考えればいいのだ。 ...
本レビュー

アルフレッド・アドラー 人生に革命が起きる100の言葉(79)より大きな集団の利益を優先すれば判断を間違うことはない

■ 共同体感覚とはより大きな集団の利益を優先して養われる! 判断に迷った時は、 より大きな集団の利益を優先することだ。 自分よりも仲間たち。 仲間たちよりも社会全体。 そうすれば判断を間違うことはないだろう。 ...
本レビュー

アルフレッド・アドラー 人生に革命が起きる100の言葉(78)自分は役立っているという貢献感は自己満足でいい!

■ あなたの自己満足が共同体感覚を養うことにつながる! 「自分は役立っている」と実感するのに、 相手から感謝されることや、 ほめられることは不要である。 貢献感は「自己満足」でいいのだ。 --------...
本レビュー

アルフレッド・アドラー 人生に革命が起きる100の言葉(77)信用するのではなく信頼するのだ!

■ 裏付けの無い信頼をこちらから寄せることが共同体感覚を養うことにつながる 「信用」するのではなく「信頼」するのだ。 「信頼」とは裏付けも担保もなく相手を信じること。 裏切られる可能性があっても相手を信じるのである。 ...
本レビュー

アルフレッド・アドラー 人生に革命が起きる100の言葉(76)自分の不完全性を認め、相手の不完全性を許す

■ 社会的寛容さが大事! そのためのキーワードは「許す」ということ 自分の不完全さを認め、受け容れなさい。 相手の不完全さを認め、許しなさい。 ----------------------------------...
本レビュー

アルフレッド・アドラー 人生に革命が起きる100の言葉(75)自分と異なる意見を持つ人は、あなたを批判したいのではない

■ 異なる意見を受け入れる寛容性が大事である! 自分と違う意見を述べる人は あなたを批判したいのではない。 違いは当然であり、だからこそ意味があるのだ。 ---------------------------...
本レビュー

アルフレッド・アドラー 人生に革命が起きる100の言葉(74)人生の苦しみは他人を喜ばせることで解決できる!

■ 共同体感覚を高めるためには、周囲の人間を喜ばせるだけでよい! 苦しみから抜け出す方法はたった一つ。 他の人を喜ばせることだ。 「自分に何ができるか」を考え、それを実行すればよい。 ------------...
本レビュー

アルフレッド・アドラー 人生に革命が起きる100の言葉(73)感謝するのと褒めることはどう違うのか?

■ 共同体感覚を高めるためには、褒めるのではなく感謝するべし! 「よくできたね」とほめるのではない。 「ありがとう、助かったよ」と感謝を伝えるのだ。 感謝される喜びを体験すれば、 自ら進んで貢献を繰り返すだろう。 ...
本レビュー

アルフレッド・アドラー 人生に革命が起きる100の言葉(72)相手の権利に土足で踏み込んではいけない

■ 自分の自由意思で行動する機会が増えれば増えるほど、共同体感覚を養うことができます! 相手の権利に土足で踏み込んではならない。 権利を尊重し、自分で決めさせるようにすれば、 人は、自分を信じ、他人を信じるようになるだろう...
本レビュー

アルフレッド・アドラー 人生に革命が起きる100の言葉(71)失敗や敗北を避ける最も確実な方法はチャレンジをしないことである

■ チャレンジしなければ傷つかない。でもそれで本当に幸福と言えるのか? 「仕事で敗北しませんでした。 働かなかったからです」 「人間関係で失敗しませんでした。 人の輪に入らなかったからです」 ―――彼の人生は完全で...
スポンサーリンク
SNSフォロー